1. 嘉弥真新也投手は福岡ソフトバンクホークスのリリーフ左腕です。福岡ソフトバンクホークスは、巨大戦力を誇る中、リリーフ陣は非常に豊富ですが、森福投手がFA宣言で読売ジャイアンツに移籍し、左の中継ぎ投手陣が薄い状態です。そのなかで嘉弥真投手は、非…

  2. 山岡泰輔投手は、昨秋のドラフト会議でオリックスバファローズが単独1位指名した投手です。社会人ナンバー1投手の呼び声が高く間違いなくドラフト1位で消える投手と言われていましたが案の定ドラフト1位で消えました。昨年のドラフト会議で1番の注目投手…

  3. 山本哲哉投手は東京ヤクルトスワローズの中継ぎ抑え投手です。リリーフ適正が非常に高い投手です。基本的にセットアッパーですが、チーム事情によってクローザーを務める事もあります。ピッチングスタイルは強気の投球です最速148キロのストレートにシュー…

  4. 加藤拓也投手は、慶大のライアンの異名で大学時代は呼ばれていました。広島東洋カープにドラフト1位で入団し、即戦力ルーキーとしての活躍が期待された。マスコミに対する対応を苦手にしており、≪広島のエリカ様≫と呼ばれた。以後、マスコミ対応は改善傾向…

  5. 三嶋一輝投手は最速152キロの速球を武器にグイグイ押して来るピッチングを得意としています。しかしながらこれだけ素晴らしいボールを持っていながら、なかなか結果がついてきません。基本的には先発タイプの投手です。しかし、先発だとあまりいい結果が残…

  6. 柳裕也投手は最速150キロのストレートを武器に、カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシームを投げ分ける。今季は即戦力ルーキーとして期待されましたが、今季(2017年)は思った様な結果を出す事は出来ませんでしたが、それほど内…

  7. 岩貞祐太投手は阪神タイガース次期エース候補です。昨季(2016年)は自身初の二桁勝利10勝をマーク。飛躍の年となった。今季(2017年)は、8月11日時点で4勝9敗と成績が奮わない。残り試合での巻き返しを狙う。阪神タイガースの次期エース候補…

  8. 西村健太朗投手は、非常にタフな選手です。連投をものともせず、登板指令が出るとマウンドに上がります。最初は、大舞台に弱かったですが、場数を踏むごとに徐々に強くなりいつの間にか怖いもの知らずの投手になっていました。2013年は、42セーブを挙げ…

  9. 辛島航投手は、今シーズン8月20日現在、8勝6敗です。自身最多タイの8勝にすでに並んでいます。このままいけば2桁勝利を挙げる大チャンスです。ここまで悪戦苦闘しながらも自分の投球スタイルは崩さないで来ました。過去に8勝を挙げたシーズンは2度あ…

  10. 炭谷銀仁朗選手は高校時代は強打で、他の学校から非常に恐れられ、満塁の場面でも敬遠された事がある。満塁で敬遠と言う事は1点をあげると言う事。相手の高校は、炭谷選手に満塁ホームランを打たれるのが怖かった。満塁ホームランだと4点。敬遠だと1点。4…

RETURN TOP