カテゴリー:東北楽天ゴールデンイーグルス

  1. オコエ瑠偉選手は、高校時代は甲子園でも大活躍した。全国制覇はならなかったが、その存在感は十分に示した。パンチ力もあり足も速い。守備力にも定評があり強肩の持ち主。プロ野球選手と素質は持っているがまだ1軍で通用する能力開花まではもう少し。現在は…

  2. 銀次選手の本名は赤見内銀次(あかみないぎんじ)非常に珍しい苗字である。球団と本人の意向で登録名は銀次。大工職人のようなインパクトのある名前で、打撃センス抜群で、その名を全国区にしている。銀次に登録名した事は正解だったと思う。非常にファンにも…

  3. 聖澤諒選手は、東北楽天ゴールデンイーグルスが誇る元祖スピードスター。球団で初めて盗塁王に輝いた実績は光る。非常に高いレベルで盗塁王争いをしていた。1塁到達までの時間は今まで盗塁王に輝いた選手から比べると突出して速いわけでもない。しかし、1塁…

  4. 今江敏晃選手は、PL学園高校1年の時から4番を任される。甲子園出場も果たしたが全国制覇はならなかった。非凡な打撃センスの持ち主。広角に打ち分ける。ボール球でも狙っている球だった場合強引にスイングする傾向がある。その為、ボール球のスイング率が…

  5. 福山博之投手はここまで決して平坦な道のりではなかった。横浜ベイスターズに入団したものの僅か2年で戦力外通告を受ける。そんな福山博之投手に救いの手を差し伸べた球団があった。東北楽天ゴールデンイーグルスである。当時の監督は闘将星野仙一氏。投手出…

  6. 嶋基宏選手は東北楽天ゴールデンイーグルスの正捕手。扇の要。チームへの貢献度が非常に大きい。数字以上に勝利に貢献している選手。2塁送球まで1.9秒の強肩を誇る。これまで数多くの俊足ランナーを刺してきた。非常に投手からすると頼りになるキャッチャ…

  7. 美馬学選手は、169センチとプロ野球選手としては小柄ながら最速153キロのストレートにカーブ・スライダー・フォーク・シュートを投げる。非常にコントロールが良く、フォアボールが非常に少ないプロ入り後、二桁勝利はないが、今年は故障なく順調に行け…

  8. 岸孝之選手は、高校時代は全くの無名の選手で、取北高等学校のエースではあったが、県大会2回戦で敗れる所謂、弱小高校だった。3年の夏、宮城県大会1回戦の多賀城高戦で、東北学院大学の野球部の監督である、菅井監督の息子が試合に出場していた。その息子…

  9. 松井裕樹投手の高校は神奈川県の桐光学園高等学校に進学。1年秋からエースに君臨。2年夏の神奈川県予選大会では、3季連続出場を果たしていた、強豪校横浜高校相手に準々決勝で11奪三振を奪い勝利。決勝では桐蔭学園高等学校から15奪三振を奪う快投を見…

  10. 茂木栄五郎選手は、高校は神奈川県の強豪校桐蔭学園高校に進学。しかし、茂木栄五郎選手は高校3年間で甲子園出場は果てしない。3年間の神奈川県は非常にレベルの高い高校が神奈川県には集まっていた。神奈川県予選が全国で1番し烈と言われている通り、茂木…

RETURN TOP