カテゴリー:東北楽天ゴールデンイーグルス

  1. アマダー選手は、193センチ・135キロとかなりの巨漢です。入団時の体重は137キロあり、日本プロ野球の長い歴史の中でも最重量選手です。まるでお相撲さんの様な巨漢ですが、ファンにはとても優しく、人気があります。かなり体が大きいです。テレビで…

  2. ペゲーロ選手は外国人らしいパワーと俊足の持ち主。盗塁をする事は非常に少ないですが、内野で高く弾んだ打球は1塁へ猛ダッシュして、内野安打をもぎ取ります。今季(2017年)は2番に起用 されており恐怖の2番打者を務めています。しかし、絶好調を…

  3. クルーズ選手は今季(2017年)も読売ジャイアンツの一員でしたが、外国人枠の関係で1軍での出番が殆どなく、故障者が続出した東北楽天ゴールデンイーグルスに金銭トレードで移籍しました。トレード期限残り僅かで読売ジャイアンツはクルーズ選手を放出し…

  4. ハーマン投手は今季(2017年)から東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーする新外国人選手です。非常に期待度の高かった外国人投手ですが、シーズンに入ると、東北楽天ゴールデンイーグルスの勝利の方程式として加わっています。セットアッパーを福山投手…

  5. 釜田佳直投手は高卒ルーキーながら1年目から先発投手として起用され7勝をマークしました。新人離れしたマウンド度胸は抜群でした。普通高卒1年目で1軍の舞台を踏むとビビッてしまいますが、釜田投手は非常に度胸が据わっていました。なかなかこういった投…

  6. 藤平尚真投手は、東北楽天ゴールデンイーグルスが昨年(2016年)のドラフト会議で1位指名した、将来性有望な投手。非常にストレートに伸びがあり変化球はカーブ、スライダー、シュート、フォークを投げ分けます。ストレートの最速は151キロ。まだまだ…

  7. 大野奨太選手は、キャッチャーとして、非常にキャッチング技術や2塁への送球の強肩ぶりや、送球の正確さには非常に定評がある。リード面では自分の主張を押し通す事が多い。「かかあ天下」と呼ばれる強気のリードが1番の持ち味である。何とか北海道日本ハム…

  8. ウィーラー選手は今年が東北楽天ゴールデンイーグルスに入団して3年目になります。年々日本野球に適応してきています。頼りになる外国人選手です。大きな体格に似合わず、守備では機敏な動きをします。非常に守備も堅い選手です。1年目は一塁も守っていまし…

  9. 塩見貴洋選手は、高校時代に身長が20センチも伸びた。県下屈指の左腕投手で13者連続三振を記録した事もある。プロ入りしてからも抜群のコントロールを誇り、フォアボールが少ない投手。フォアボールは投手のエラーと言われている。フォアボールから崩れる…

  10. 岡島豪郎選手は、高校時代は全くの無名の選手であった。大学に進学し頭角をあらわす。ドラフトでは東北楽天ゴールデンイーグルスの指名リストに入っていなかったが、白鴎大学の監督の藤倉多祐から情報を得ていた、当時の監督・星野仙一氏の意向で指名した。こ…

RETURN TOP