カテゴリー:福岡ソフトバンクホークス

  1. 吉村裕基選手は長打力が魅力の選手で横浜ベイスターズ時代には、ホームラン30本以上打った年もあり反対方向にもホームランを叩き込む事が出来る。ツボを持っている選手でツボに来ると飛距離が出る。状況に応じて軽打をする事も出来る。秋山幸二前ソフトバン…

  2. 明石健志選手は50M・5.6秒の俊足のバッターです。200打席以打席に立った時は必ず10盗塁以上を決めています。非常に走力が魅力の選手です。足が速いと言うのは大きなアドバンテージになっています。足が速くて得する事はあっても損する事はありませ…

  3. スアレス投手は最速161キロが武器の福岡ソフトバンクホークスのセットアッパーです。カーブ、スライダー、チェンジアップ、SFFを投げ分ける。変化球の切れ味も鋭い。伸びのあるストレートを武器に相手打者を手玉に取っていくスタイルです。ストレートに…

  4. バンデンハーク投手は、福岡ソフトバンクホークスの外国人右腕投手。非常に日本野球の適正が高い投手です。初登板から無傷の14連勝を年数を跨いで達成し、新記録を樹立しました。元読売ジャイアンツの堀内恒夫の13連勝の記録を50年振りに更新した。非常…

  5. サファテ投手は福岡ソフトバンクホークスの絶対的守護神です。今季(2017年)で福岡ソフトバンクホークスに加入してから4シーズン目になります。昨年までの3シーズンは、いずれも防御率1点台で抜群の安定感を誇ります。速球が非常に速く常時150キロ…

  6. デスパイネ選手は千葉ロッテマリーンズで3年間プレーした後、今季から、福岡ソフトバンクホークスの一員として活躍しています。今年行われた第4回ワールドベースボールクラシックではキューバの主砲として、チームを牽引。キューバの中で1番マークをしなけ…

  7. 五十嵐亮太投手はとにかくストレートが速いです。東京ヤクルトスワローズ在籍時代に当時日本最速タイの158キロをマークしています。東京ヤクルトスワローズ時代は、石井弘寿投手とストレートが速い2人にロケットボーイズと公募によって命名された。この2…

  8. 本多雄一選手はソフトバンクホークスでナンバー1の俊足で韋駄天ぶりを発揮し、2年連続盗塁王に輝いた事もあります。200打席以上打席に立ったシーズンは、必ず20盗塁以上を達成しています。本職はセカンドですが、遠投は110Mを誇ります。その為、内…

  9. 攝津正投手は即戦力ルーキーとして期待されていた。変則的なフォームから繰り出す威力十分のストレートと伝家の宝刀シンカーで相手バッターを凡打の山に斬って取る。相手バッターも今まで見た事がなかった球筋なので、最初は戸惑う打者が殆ど、ここぞの場面で…

  10. 岩嵜翔投手は、今年はセットアッパーを任され見事に仕事を全うしています。先発も出来、投手としては非常に能力の高い投手です。今シーズンの防御率は前半戦終了時点で、1.45と抜群の安定感を誇ります。セットアッパーは向いています。投げるイニングが殆…

RETURN TOP