カテゴリー:埼玉西武ライオンズ

  1. 木村文紀選手が投手としてドラフト1位指名されていたのは意外な事実だったと思います。肩が強いのも納得出来ますね。投手としては活躍が出来ませんでしたが、野手に転向してからは貴重なサブプレイヤーとして活躍をしています。打者に転向して本当に正解でし…

  2. 山川穂高選手は、昨季(2016年)中村剛也選手がスランプに陥った際にスタメンで出場すると14本塁打を放った。非常にパンチ力があり一発長打が魅力の選手。巨漢ながら足が意外と速い。走塁センスも良く、ヒットをツーベースにする打球判断力も兼ね備えて…

  3. 大石達也投手は早稲田大学の同期に斎藤佑樹投手(北海道日本ハムファイターズ)福井優也投手(広島東洋カープ)がいる。大石投手も含めて全員がドラフト1位指名されそれぞれプロの道に進んだ。大石達也投手の大学時代は抑え投手を行っていた。非常に球が速く…

  4. 高橋朋己投手は、140キロ中盤のストレートながらサイドスローから威力のある球を投げ込む。カーブ・スライダー・シンカーを投げる。非常に小気味の良い投球で野手も守りやすい。フォアボールが少ない為、リリーフ投手に非常に向いている投手。長いイニング…

  5. 今井達也選手は、昨年夏の甲子園の優勝投手。試合ごとにスピードが増していった。最速は152キロ。春季キャンプ中に故障を発生し、開幕1軍は逃した。現在も調整中。思ったよりも長引いているがしっかりと故障は治す事が重要。中途半端に治すと再発する危険…

  6. 十亀剣投手は、サイドスローから最速151キロの威力あるストレートを投げ込む。スライダー・カーブ・シュート・シンカーを投げ分ける。縦の変化はシンカーのみで、後の変化球がタイミングを大きく外すカーブ。右バッターのインコースに投げるシュート。外角…

  7. 森友哉選手は、埼玉西武ライオンズ期待の長距離砲。左の強打者としてこれからの埼玉西武ライオンズのクリーンナップを担う存在。2015年には規定打席に到達し、17本塁打・68打点を記録した。非常に飛躍が期待された昨シーズンだったが、規定打席に故障…

  8. メヒア選手の持ち味は何と言っても規格外のパワー。そのパワーで相手投手をビビらせてしまう。究極の長距離法。長打力は天性のものがあり文句のつけようはない。もう少し確実性を増せば打率ももう少し上がる。少し粗さが目立つが外国人特有のものと思えばいい…

  9. 増田達至選手は、最速154キロの威力のあるストレートを投げ、変化球はカーブ・スライダー・カットボール。ウイニングショットにフォークを有効的に使う。捕手のリードによって投球内容が変わって来るのもプロの世界では当たり前になってきている。そうはい…

  10. 源田壮亮選手は、開幕スタメンを果たし、埼玉西武ライオンズの遊撃手では1981年石毛宏典以来36年ぶりだった。最初は9番ショートだったが、直ぐに2番ショートで起用されている。源田壮亮選手の持ち味は何と言っても俊足である。非常に盗塁センスに長け…

RETURN TOP