カテゴリー:読売ジャイアンツ

  1. 岡本和真選手は将来の巨人のクリーンナップを期待される逸材です。長打力が売りのバッターです。まだ1軍公式戦ではホームランは1本しか放っていません。今までの巨人にいなかったタイプのヤングジャイアンツです。初めて、1軍に昇格した時、先輩選手の前で…

  2. 片岡治大選手は50M・5.8秒の俊足の持ち主である。社会人時代東京ガスでは内海哲也投手と同期入団である。高校時代は県大会決勝で自らサヨナラタイムリーを放ちチームを甲子園に連れて行った。甲子園では2回戦で敗退。1回戦は出場したが、2回戦は、腰…

  3. 森福允彦選手は、昨年オフ・福岡ソフトバンクホークスからFA移籍で読売ジャイアンツに入団した左のセットアッパー候補。勤続疲労が顕著になってきている山口鉄也投手の代役を任せられる存在として獲得しました。現在も1軍で活躍中。ほぼイニングと同じ数の…

  4. 昨年のFA市場で糸井嘉男選手と並んで注目の的だったのが陽岱鋼選手です。読売ジャイアンツに取っては糸井嘉男選手にするか陽岱鋼選手の選択だったが読売ジャイアンツは陽岱鋼選手の獲得を選択した。陽岱鋼選手も読売ジャイアンツとは相思相愛だった。読売ジ…

  5. 亀井義行選手は、中央大学時代からとにかく強肩で、チームの1部優勝にもバッティングと守備で大きく貢献した。他の東都大学リーグの走者が釘付けにされてしまう程、その強肩は有名だった。普通の外野手なら間違いなくタッチアップするところも、亀井義行選手…

  6. 小林誠司選手は高校時代、野村祐輔投手(現広島東洋カープ)と広島の名門校広陵高校でバッテリーを組んでいました。夏の甲子園では決勝まで勝ち進み、8回表を終わって4点リード。あとアウト6つで全国制覇。しかし、この回満塁のピンチを佐賀北高校が招きま…

  7. 村田修一選手は東福岡高校時代3年の時に甲子園に春夏出場を果たす。センバツ甲子園では松坂大輔擁する横浜高校と対戦。松坂大輔と投げ合うも横浜高校に敗れた。日本大学に進学後、投手では松坂大輔投手に勝てないと悟り野手に転向する。東都大学リーグで打者…

  8. 内海哲也投手は、敦賀気比高校時代選抜甲子園出場が確定していましたが、同級生の野球部員が無免許・飲酒運転をした事によって、同校は甲子園出場を辞退した。これによって甲子園出場を果たしていない。高校左腕注目の投手で、独特の大きなカーブは「高校生で…

  9. 澤村拓一投手は、佐野日大高校は3番手投手で最後の夏は登板機会がなく終わった。その後、中央大学に進学し、素質が開花する。ストレートも東都大学リーグ史上最速となる157キロをマークした。読売ジャイアンツに入団してからは1年目から、ローテーション…

  10. 田口麗斗選手は、1読売ジャイアンツ若手ナンバー1成長株で昨年はローテーションに定着した。初完封勝利もマークし、左の時期エース候補となっている。規定投球回数にも初めて到達。読売ジャイアンツで昨年二桁勝利を挙げた唯一の投手である。エース菅野智之…

RETURN TOP