カテゴリー:北海道日本ハムファイターズ

  1. 10位:有原航平 6000万円(2017)→7000万円(2018)(1000万円アップ) プロ4年目有原航平投手。通算防御率は4.10と先発投手としては若干足りないものの、1年目から勝ち星を重ね、2016年2017年は二けた勝利しまし…

  2. 矢野謙次選手は読売ジャイアンツ時代から非常に勝負強く打率以上のインパクトがある選手でした。代打陣の中では最も当時人気が高く、矢野選手がコールされると読売ジャイアンツファンのボルテージは一気に上がりました。特に左投手を得意にしている左キラーで…

  3. 岡大海選手は北海道日本ハムファイターズが大きな期待を寄せる若手選手です。選手の特徴としては外野の守備範囲が広く、大学時代は投手で最速152キロを記録した肩の強さを持っており、俊足のプレイヤーです。打撃もそんなに大振りをするタイプではなく中距…

  4. 高梨裕稔投手はプロ入り3年目の昨季(2016年)10勝2敗防御率2.38の好成績で新人王に輝きました。新人王の権利を持っていたのがついていましたね。変に新人王の規定の投球回数以上投げてしまうと新人王の資格がなくなりますからね。高梨投手はその…

  5. 谷口雄也選手は自分自身のバッティングについて聞かれると、一貫し≪中距離バッターです≫と答えます。どんな時でも必ず答えは≪中距離バッター≫。タイプ的には確かにそうだが、どちらかと言うとアベレージも残せるバッター。アベレージヒッターと応えても良…

  6. 淺間大基選手は、まだ21歳の若武者です。レギュラーレベルにはまだまだ力不足ですが、高卒1年目から起用されるなど、将来が非常に楽しみな選手です。タイプ的には先頭打者が1番あっているのではないかと思います。チームの構想上の問題ですから、一概には…

  7. 上沢直之投手は入団時≪松戸のダルビッシュ≫の異名を持っていました。タイプがダルビッシュ有投手に似ていた事からこの名前が命名されました。非常に入団当時から期待をされていました。2014年に1軍で初登板するとこの年8勝8敗防御率3.19.規定投…

  8. 松本剛選手は、今シーズン能力が覚醒したフレッシュな選手。今後の活躍が非常に楽しみな存在。交流戦では、広島東洋カープの丸選手と激しく首位打者を争った。惜しくも交流戦首位打者には及ばなかったものの丸選手に続く打率2位の成績を残し、日本生命賞を受…

  9. マーティン投手は昨季(2016年)から北海道日本ハムファイターズに加入した中継ぎ抑え投手です。非常に安定感があり、昨年は絶対的守護神として君臨し、2勝0敗21S・19ホールド・防御率1.07と言う素晴らしい成績を残しました。来日1年目から見…

  10. 鍵谷陽平投手は北海道出身の北海道日本ハムファイターズの勝ちパターンで投入されるセットアッパーの1人です。年々コントロールが安定してきています。北海道出身の投手で初めて北海道日本ハムファイターズで勝利投手になった投手です。地元の球団の入団でき…

RETURN TOP