1. ロペス選手は、横浜ベイスターズのクリーンナップを打つ外国人選手。読売ジャイアンツ時代に既に実績は残しており、読売ジャイアンツが阿部慎之助選手の1塁コンバートで出番が大幅に減ると見込みロペス選手と契約を結ばなかった。その為、横浜ベイスターズが…

  2. 大野雄大投手は中学時代から名が知れた存在だった。母子家庭の為、高校は県立鳥羽高校への進学を考えていた。その時、京都外大西高の三原新二郎監督に熱心に誘われて、京都外大西高に進んだ。甲子園出場を無事果たした。駒大苫小牧の田中将大投手(現ヤンキー…

  3. 畠山和洋選手は入団当初から和製大砲としての期待が非常に大きかったです。そうこうしているうちに時は流れ、山田哲人選手の打棒が爆発し注目の的は、山田哲人選手にいきました。トリプルスリー達成の本塁打王。しかし、その年に遂に花が完全に開花し、105…

  4. 倉本寿彦選手は、ルーキイヤーから100試合以上に使われた。特に守備に関して非常に堅守で、堅い守りをする。ショートが本職。昨年はフルシーズンを通して活躍。打率は一時3割を超え、3割を維持できるレベルであったが最終的には3割を切り294であった…

  5. 田島慎二投手は1年目からオールスターゲームに出場するなど、1年目から大活躍をする。スリークォータから最速153キロのストレートを武器に、スラーブ・SFF・シュートを投げる。コントロールは悪くはないが、突然球が暴れる事がある。リリーフ中心に入…

  6. 大野奨太選手は、キャッチャーとして、非常にキャッチング技術や2塁への送球の強肩ぶりや、送球の正確さには非常に定評がある。リード面では自分の主張を押し通す事が多い。「かかあ天下」と呼ばれる強気のリードが1番の持ち味である。何とか北海道日本ハム…

  7. 大野奨太選手は、キャッチャーとして、非常にキャッチング技術や2塁への送球の強肩ぶりや、送球の正確さには非常に定評がある。リード面では自分の主張を押し通す事が多い。「かかあ天下」と呼ばれる強気のリードが1番の持ち味である。何とか北海道日本ハム…

  8. 本多雄一選手はソフトバンクホークスでナンバー1の俊足で韋駄天ぶりを発揮し、2年連続盗塁王に輝いた事もあります。200打席以上打席に立ったシーズンは、必ず20盗塁以上を達成しています。本職はセカンドですが、遠投は110Mを誇ります。その為、内…

  9. ウィーラー選手は今年が東北楽天ゴールデンイーグルスに入団して3年目になります。年々日本野球に適応してきています。頼りになる外国人選手です。大きな体格に似合わず、守備では機敏な動きをします。非常に守備も堅い選手です。1年目は一塁も守っていまし…

  10. 宮西尚生投手は北海道日本ハムファイターズの左のセットアッパー。毎年コンスタントにホールドをあげており現在249ホールドを通算であげています。特に左バッターに強く。左殺しです。ストレートは最速147キロ。サイドスローからストレートの平均は14…

RETURN TOP