1. 東北楽天ゴールデンイーグルスは非常に期待の若手投手が多く、もうあと3年もすれば投手王国になるのではないかと思います。それだけブルペン陣はタレントが豊富です。安樂智大投手も、その中の一人です。この若手の激しい競争を勝ち抜かなければいけません。…

  2. 多和田真三郎投手は、最速152キロを誇る速球派の投手。変化球はカーブ、スライダー、フォークボール、シンカーを投げ分けます。速球派にしては変化球が豊富な投手です。やはり1番のウイニングショットはフォークボールです。プロ入り後の最速は150キロ…

  3. 細谷圭選手のプロ入り前は長打が売りでしたが、プロに入っても2軍では長打を期待されても成績が上がりませんでした。打率が低打率だった為、スイングをコンパクトにしてアベレージヒッターに転じました。それが功を奏した形で、大きなのを捨てて挑んだ、20…

  4. 高梨裕稔投手はプロ入り3年目の昨季(2016年)10勝2敗防御率2.38の好成績で新人王に輝きました。新人王の権利を持っていたのがついていましたね。変に新人王の規定の投球回数以上投げてしまうと新人王の資格がなくなりますからね。高梨投手はその…

  5. 城所龍磨選手は福岡ソフトバンクホークスの中で非常に貴重なサブプレイヤーです。特に守備固めと代走要因で力を発揮します。代走要員のベンチでスタンバイOKの状態の時、城所待機中と呼ばれています。起用されると、アウトカウントなど状況次第ですが、勇猛…

  6. ヘルメン投手は今季(2017年)からオリックスバファローズに加入した、新外国人投手。タイプは中継ぎ抑え。短いイニングを最速156キロのストレートとフォーシーム・スライダー・チェンジアップを投げ分けます。非常にストレートに威力がありバッターは…

  7. 大松選手は長打力が魅力の左バッターです。昨季(2016年)ファームの試合で右アキレス腱を断裂。全治6か月の大怪我を負ってしまった。昨季(2016年)は絶望となり、そしてシーズン終了後球団から非情にも戦力外通告を受けた。情けのかけらもなかった…

  8. 一岡竜司投手は読売ジャイアンツ在籍時代。若手のホープとしてかなり活躍が期待されていました。2軍戦では抜群の安定感を誇りました。翌年が楽しみな選手でしたが、広島東洋カープからFA宣言していた大竹投手を獲得した為、広島東洋カープは読売ジャイアン…

  9. パットン投手は今季から横浜ベイスターズに加入した中継ぎ抑え投手。シーズン序盤はクローザーとして、登板していましたが、不安定な内容が続き、ラミレス監督はパットン投手をセットアッパーに回し、セットアッパーだった、山崎投手を再びクローザーに回す新…

  10. 亀澤恭平選手は育成選手として福岡ソフトバンクホークスに入団しましたが、3年経過しても支配下登録されませんでした。育成選手は3年間で支配下登録しないと自由契約にするか?支配下選手登録をするかの選択を迫られます。福岡ソフトバンクホークスは自由契…

RETURN TOP