プロ野球年俸ランキング2017【広島カープ編】ベスト15は誰?

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017!

広島カープ編

についてまとめていきます~!

スポンサーリンク

2016シーズンの広島カープは強かったですね~
25年ぶりの優勝ということですが、若手の戦力を見る限りこの勢いはあと数年続きそうです!

黒田投手が引退したことで、年俸の振り分けも過去の広島カープないアップ率となりましたね。

市民球団とはいえ、観客数やグッズなどで何かと儲かってる部分もありますので

広島カープ=年俸が安い

っていうイメージも徐々に消えていきそうな雰囲気ですね。

というわけでこの記事では、プロ野球年俸ランキング2017の【広島カープ編】ということでベスト15をまとめてみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

プロ野球年俸ランキング2017【広島カープ編】ベスト15~11

広島カープ年俸ベスト15~11はこちら~!

15位:大瀬良大地

⇒4500万(100万減)

“ポスト黒田”の期待もかかる3年目の大瀬良大地投手ですが、2016年は右肘のケガで不本意なシーズンに終わりました。
登板はわずか17試合、そのうち先発が1試合というのも情けないです。

結果、3勝1敗、防御率3.32と、チームの優勝にはほとんど貢献できていません。
年俸4500万円は、優勝のご祝儀ともとれますね。

2017年は先発ローテをしっかり守ってもらいましょう~!

14位:ブレイシア

⇒5550万(2017年・新外国人)

ジャクソン、ジョンソン、ヘーゲンズに次ぐ、広島4人目の外国人投手ブレイシアが新加入しました。
年俸は約5550万円だそうです。

身長183センチと、外国人投手としてはあまり高くはありません。小さめなフォームからキレのいいボールを繰り出すようです。
中継ぎとして機能しそうですね。

13位:鈴木誠也

⇒6000万(4400万増)
2016年はまさに“神ってる”活躍を見せた鈴木誠也選手。
2016年は打率.335、29本塁打、95打点と自身キャリアハイですから、これくらいの年俸アップもアリでしょうね。
プロ5年目の2017年は周囲の期待度もかなりアップしますから、より大変なシーズンになるはずです。
ちなみに2017シーズンの目標は「10割、200本、1000打点くらいです」だそうです(笑)。

12位:今村猛