カテゴリー:千葉ロッテマリーンズ

  1. 井口資仁選手は、高校時代は甲子園出場歴なし。青山学院大学に進学し、大学時代に打撃が覚醒する。東都大学リーグで、初の三冠王に輝いた。東都大学リーグ史上初めての三冠王で未だ、三冠王になったのは井口資仁選手だけ。東都大学リーグの記録に燦然と輝いて…

  2. 石川歩投手は意外と苦労人です。高校の時は無名の選手で、甲子園とは縁がなく、甲子園の大舞台を踏む事はなかった。高校卒業後は、セレクションを受けて中部大学に進学。中部大学で能力が一気に覚醒してプロ注目の投手になるが、プロ志望届を提出しなかった為…

  3. 涌井秀章選手は、2004年のドラフト1巡目で、埼玉西武ライオンズから指名を受け入団。当時は高校の先輩である松坂大輔投手がエースとして君臨していた。涌井秀章投手は1年目から登板するも1年目はプロの壁に跳ね返され、1勝6敗防護率7.32とプロの…

  4. 福浦和也選手は、千葉ロッテマリーンズ一筋のフランチャイズプレーヤーである。千葉ロッテマリーンズを愛し、ファンからも絶大な人気で愛される選手。2000本安打まで全盛期なら余裕で、今シーズン中に達成できる数字だが、現在はレギュラーでは代打やたま…

  5. 角中勝也選手は首位打者に2度輝いているが、2012年は西武ライオンズ在籍していた、中島裕之でほぼ確定していた状況だったが9月以降故障の影響もあって打率が急降下。一方上がり調子の角中勝也選手が遂に猛打賞の固め打ちで、中島裕之の打率を上回った。…

RETURN TOP