カテゴリー:読売ジャイアンツ

  1. 亀井義行選手は、中央大学時代からとにかく強肩で、チームの1部優勝にもバッティングと守備で大きく貢献した。他の東都大学リーグの走者が釘付けにされてしまう程、その強肩は有名だった。普通の外野手なら間違いなくタッチアップするところも、亀井義行選手…

  2. 小林誠司選手は高校時代、野村祐輔投手(現広島東洋カープ)と広島の名門校広陵高校でバッテリーを組んでいました。夏の甲子園では決勝まで勝ち進み、8回表を終わって4点リード。あとアウト6つで全国制覇。しかし、この回満塁のピンチを佐賀北高校が招きま…

  3. 村田修一選手は東福岡高校時代3年の時に甲子園に春夏出場を果たす。センバツ甲子園では松坂大輔擁する横浜高校と対戦。松坂大輔と投げ合うも横浜高校に敗れた。日本大学に進学後、投手では松坂大輔投手に勝てないと悟り野手に転向する。東都大学リーグで打者…

  4. 内海哲也投手は、敦賀気比高校時代選抜甲子園出場が確定していましたが、同級生の野球部員が無免許・飲酒運転をした事によって、同校は甲子園出場を辞退した。これによって甲子園出場を果たしていない。高校左腕注目の投手で、独特の大きなカーブは「高校生で…

  5. 澤村拓一投手は、佐野日大高校は3番手投手で最後の夏は登板機会がなく終わった。その後、中央大学に進学し、素質が開花する。ストレートも東都大学リーグ史上最速となる157キロをマークした。読売ジャイアンツに入団してからは1年目から、ローテーション…

  6. 田口麗斗選手は、1読売ジャイアンツ若手ナンバー1成長株で昨年はローテーションに定着した。初完封勝利もマークし、左の時期エース候補となっている。規定投球回数にも初めて到達。読売ジャイアンツで昨年二桁勝利を挙げた唯一の投手である。エース菅野智之…

  7. 球界屈指の鉄腕投手山口鉄也投手。9年連続60試合登板の新記録を昨年樹立しました。非常にタフな左腕ですが、昨年から勤続疲労が見受けられるのが少し心配です。現在(2017年6月27日現在)登録抹消中です。 出典:http:…

  8. 巨人は外国人選手を取るのが何故か下手なのですが、スコット・マシソン投手は久々に当たりを引き当てました。入団当初はコントロールにバラツキがありストレートは物凄く速いのですが、如何せんストライクが入りません。 出典:htt…

  9. 長野久義選手は、巨人入りを熱望し、2006年日本ハムから4位指名されるも入団を拒否、2008年千葉ロッテマリーンズが2位指名も入団を拒否。2009年読売ジャイアンツが、ドラフト1位単独指名し、相思相愛となりようやく読売ジャイアンツへ入団とな…

  10. 阿部慎之助選手は、安田学園から中央大学に進み、レベルアップをはかる。ドラフトの目玉選手だった。読売ジャイアンツを逆指名した。後に契約金を大きく超える10億円契約をしていた事が判明するも、球団も阿部慎之助選手もお咎めなし。 …

RETURN TOP