カテゴリー:東北楽天ゴールデンイーグルス

  1. 美馬学選手は、169センチとプロ野球選手としては小柄ながら最速153キロのストレートにカーブ・スライダー・フォーク・シュートを投げる。非常にコントロールが良く、フォアボールが非常に少ないプロ入り後、二桁勝利はないが、今年は故障なく順調に行け…

  2. 岸孝之選手は、高校時代は全くの無名の選手で、取北高等学校のエースではあったが、県大会2回戦で敗れる所謂、弱小高校だった。3年の夏、宮城県大会1回戦の多賀城高戦で、東北学院大学の野球部の監督である、菅井監督の息子が試合に出場していた。その息子…

  3. 松井裕樹投手の高校は神奈川県の桐光学園高等学校に進学。1年秋からエースに君臨。2年夏の神奈川県予選大会では、3季連続出場を果たしていた、強豪校横浜高校相手に準々決勝で11奪三振を奪い勝利。決勝では桐蔭学園高等学校から15奪三振を奪う快投を見…

  4. 茂木栄五郎選手は、高校は神奈川県の強豪校桐蔭学園高校に進学。しかし、茂木栄五郎選手は高校3年間で甲子園出場は果てしない。3年間の神奈川県は非常にレベルの高い高校が神奈川県には集まっていた。神奈川県予選が全国で1番し烈と言われている通り、茂木…

  5. 則本昂大選手は、今シーズンの開幕投手はワールドベースボールクラシックの影響で回避した。それでも7月5日現在9勝2敗と絶好調で折り返しのオールスターを迎えようとしている。オールスターまでの登板はあと1回が予想される。前半戦で10勝を挙げ、5年…

RETURN TOP