杉浦友紀の夫は誰?ミスキャン準グランプリ!!業界切ってのスポーツアナ!!

この記事には 56 枚の画像があります
杉浦友紀アナウンサーは、現在サタデースポーツ・サンデースポーツのメインMCを担当しています。オリンピック中継なども経験しNHKの中では1番スポーツに精通しているキャスターとの呼び声が高い。杉浦友紀アナウンサーが取材に来るとムードが明るくなる。

出典:http://livedoor.blogimg.jp (2133940456392169001_3)

普段はあまり取材に応じないスポーツ選手も杉浦友紀アナウンサーが取材に来るとついつい気を許してします。かって、中田英寿さんが現役時代マスコミ嫌いで有名でしたが、TBSの進藤晶子アナウンサーの質問にだけはにこやかに応えていました。その姿と非常に被った光景です。とてもNHKの中では華やかなアナウンサーです。

杉浦友紀アナウンサープロフィール

1983年5月14日
愛知県出身
上智大学卒
NHKアナウンサー
出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_5)

杉浦友紀の夫は誰?

杉浦友紀アナウンサーの夫は同じNHKの職員です。一般人の為、名前は公表される事はありません。5月5日に東京・神田駿河台の山の上ホテルで挙式と披露宴をあげました。人生に1度の最高の1日を過ごす事が出来た、杉浦友紀アナウンサー。結婚してまだ1年も経っていません。今は、仕事も非常に充実しており、公私ともに非常に順調と言えると思います。

杉浦友紀アナウンサーと言えば、土曜日と日曜日のNHKで夜の顔です。サタデースポーツ・サンデースポーツで世の中のお父さんに元気をあげています。週末は杉浦友紀アナウンサーの笑顔で疲れが大分癒されるのではないでしょうか?結構女子アナウンサーに癒される人は男性では多いです。女子アナウンサーは美人揃いですからね。杉浦友紀アナウンサーもかなりの美人です。NHKは意外と言ったら失礼になってしまいますが、美人アナウンサーが多いです。

出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_6)

その筆頭格が杉浦友紀アナウンサーです。そのハートを射止めたご主人は幸せ者ですね。こんなにも素晴らしい奥さんをもらう事ができたのですから、運を全て使ったとしても後悔はないと思います。

杉浦友紀はミスキャン準グランプリを受賞!


Miss of Miss Campus Queen Contest(ミスオブミスキャンパスクイーンコンテスト)2003年準グランプリを受賞しています。首都圏の大学を中心に選ばれたミスから更に選抜してグランプリを決める、通常のミスコンよりも非常にレベルの高いコンテストです。ここに出るだけでも凄いです。しかし、杉浦友紀アナウンサーの美貌を持ってしても、グランプリ受賞はならず。上には上がいます。

出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_7)

しかし、審査員の好みの問題もあるので、審査員が違ったメンバーで行えばグランプリに輝いて可能性はあります。ここがコンテストの一発勝負の明暗を分ける所です。やはり明暗は審査員の心証で大きく変わってきます。全てのコンテストで審査員は違います。これを統一したら、ある程度傾向は出ますが、それだと逆につまらなくなってしまいますね。そこがミスコンの難しい所でもあります。(ミスオブミスキャンパスクイーンコンテスト)は特に他のミスコンよりレベルが高いですから、その中で準グランプリに輝いただけでも凄い事だと思います。記念すべき第1回大会が2003年。その年に杉浦友紀アナウンサーが出場しています。記念すべき第1回で、準グランプリを獲得しています。

杉浦友紀は業界切ってのスポーツアナウンサー!!

女子アナウンサーの中でスポーツにかなり精通しているアナウンサーです。現場取材もきっちりこなす事も出来ます。どのスポーツでも対応が出来るので、NHKとしては杉浦友紀アナウンサーに全権一任しているようです。女子アナウンサーでスポーツ取材をする方は多いですが、杉浦友紀アナウンサーが現場に来ると空気が変わります。

出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_8)

オーラが違うのもありますが、基本的に人間形成がしっかりできています。分け隔てなく取材を人気選手からそれ程人気のない選手までこなすので、人気のない選手が出世した時には、杉浦さんはちゃんと取材に来てくれた。杉浦さんの取材を優先しようとなるのです。

出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_9)

その美貌に奢る事無くスポーツの取材は徹底的にします。取材するのはテレビで見ている人は簡単そうに見えますが、現場はとても多変です。何せ、ライバル局やスポーツ紙の専属記者がいますから、取材する時間は限られています。しかし、杉浦友紀アナウンサーの場合は人気の有り無しに関わらず、しっかりと取材をしますから、相手もしっかりと取材に対応してくれます。他局のアナウンサーも杉浦さんはいいなあ・・・と思わず呟いてしまう程です。

出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_10)

スポーツ担当アナウンサーの中では私的見解ですが、ナンバー1女子アナウンサーです。その他の女子アナウンサーとはかなりの差があるように感じます。今年で、サタデースポーツ・サンデースポーツを担当して4年目になりますが、他局のスポーツ番組のアナウンサーは任される期間が短いアナウンサーもいます。要するに、スポーツの現場も経験させておくと言った配置をするので、実績が高いアナウンサーは少ないです。その点杉浦友紀アナウンサーは盤石です。

杉浦友紀アナウンサー画像

出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_11)
出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_12)
出典:http://matome.naver.jp (2133940456392169001_13)

1 2

関連記事

  1. 森川夕貴アナウンサー
  2. 佐藤彩アナウンサー
  3. 永島優美(ながしま ゆうみ)
  4. 海平和アナウンサー
  5. 小林由未子アナウンサー(TBS)
  6. 赤江珠緒アナウンサー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA