高井瑛子アナウンサー(新潟テレビ21局)が黒髪も茶髪もかわいい。岩手朝日テレビから転職。

高井瑛子アナウンサーは黒髪も茶髪もどちらも良く似合う女性アナウンサーです。オフショットが物凄く可愛い女性ですね。仕事をしている時も十分可愛いです。男性はこの笑顔にイチコロではないでしょうか?本当にアナウンサーは綺麗な人が多いですね。アナウンサーになるにはある程度のルックスを持っていないと勝負にならないのかも知れません。これだけの美貌を持っていながら、キー局に落ちるのかと言う人がたくさんいます。

美貌だけではどうにもなりません。面接でしっかりと素質をみられています。人間には癖がありますからね。その辺りも面接では多くみられている部分です。本当にアナウンサー試験は難関です。ある程度のルックスと学力そして、面接に臆さないタイプが難関のアナウンサー試験を突破する条件になってきます。この3つをしっかりクリアするのは大変な事ですが、内定を簡単に取る人はキー局から複数内定をもらったりします。高井瑛子アナウンサーも最終的にはアナウンサーになっていますから努力が実を結ぶ事に成功しています。

-->

高井瑛子アナウンサープロフィール

高井瑛子(たかいえいこ)
生年月日1991年2月26日
新潟県出身
敬和学園大学卒
新潟テレビ21局アナウンサー

岩手朝日テレビのアナウンサーとして活躍していました。2017年3月末を持って退社し、新潟テレビ21に入社しました。(IATと同系列局)に移籍したので、岩手から地元の新潟に戻った事になります。非常に新潟テレビ21に移籍しての活躍が期待されます。

Miss CUT IN Campus 2012グランプリ

「Miss CUT IN Campus 2012」のグランプリを大学在学中に輝きました。本当に綺麗な方ですね。親御さんからしてみたら、自慢の娘さんでしょうね。グランプリを「Miss CUT IN Campus 2012」で獲得したのも納得できます。この年出場した他の人達はついていませんでしたね。これだけ抜群のルックスを誇った女性はそうそういません。よく10年に1人の逸材とか言いますが、高井瑛子アナウンサーはそのレベルにあったので、グランプリを獲得しています。10年に1人の逸材。

高井瑛子アナウンサーの画像をみれば皆さん納得すると思います。非常に品のある綺麗な女性です。綺麗と可愛いがハーフ&ハーフの女性です。ここまでルックスが抜群の女性アナウンサーはそうはいません。こんなに素晴らしい女性は女優さんでも通用します。それ位のオーラがあり、光り輝いています。溢れんばかりの才能を持っておりまさしく才色兼備の女性アナウンサーです。

いいコト! 見たい! 知りたい! 出かけたい

≪スーパーJチャンネルいわて≫などを岩手朝日テレビ時代は出演していました。≪いいコト! 見たい! 知りたい! 出かけたい≫この2つが岩手朝日テレビ時代の代表番組です。代表番組と共に出世番組でもありました。新潟県出身の高井瑛子アナウンサーが岩手朝日テレビに入社しています。新潟県と岩手県は近いようで遠いです。間に高い山脈がありますからね。それでも地元ではない、岩手朝日テレビの入社を決断しました。

岩手朝日テレビ時代は若手有望株としてかなり期待されていた若手アナウンサーです。大体、出演する番組でその局のアナウンサーに対する期待度がわかりますよね。かなり期待していましたが、新潟テレビ21に移籍しました。これで地元に凱旋移籍です。

まるどりっ!

新潟テレビ21はテレビ朝日系列です。その為、岩手朝日テレビから局内で異動があったようなものです。現在の主な担当番組は「まるどりっ!」の5代目パートナーを務めています。その他『よくばりウドちゃん!』なども担当しています。メインは「まるどりっ!」の5代目パートナーが1番の大役です。地元の新潟に戻ってきたので、かなり力が入っています。新潟に戻ってきて、心なしか、笑顔が更に綺麗に見えます。

地元新潟に戻ってきてスマイル全開です。新潟に戻ってきて間違いなくプラスに。新潟テレビ21局アナウンサーの若手超有望株になっています。移籍元年から非常に評判が高いアナウンサーです。美貌はかなり目立ちます。それにプラスしてアナウンサーとしての素質もかなり高いものを持っています。もちろん美貌だけではアナウンサーにはなれません。しっかり精進しているのでアナウンス能力も日々高いものになっていますね。

1 2

関連記事

  1. 江藤愛アナウンサー(TBS)
  2. 杉浦友紀(すぎうら ゆき)
  3. 【TBSアナ】皆川玲奈アナウンサー
  4. 小倉弘子アナウンサー(TBS)
  5. 長岡杏子アナウンサー(TBS)
  6. 三田友梨佳アナウンサー画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA