桑子真帆NHKアナウンサーのかわいい画像たくさん!代表番組や出世番組について

この記事には 42 枚の画像があります
桑子真帆アナウンサーは、笑顔がとても印象的な女子アナウンサーです。NHKのアナウンサーですが、それほどお堅いイメージはありません。しかし、しっかりしている女子アナウンサーです。今ではNHKの看板アナウンサーになっています。現在30歳。丁度いい年齢ですね。NHKとしても桑子真帆アナウンサーに対する期待は大きいです。非常にアナウンス技術が高いアナウンサーです。才色兼備のタイプですね。NHKらしいと言えばNHKらしいアナウンサーですね。

NHKのアナウンサーの中では、井上あさひアナウンサーと並んで人気があります。ニュースを読むときもしっかり状況に応じて読むことが出来ます。笑顔がチャームポイントになっていますね。笑顔が素敵な女性です。笑顔が似合う女性は良いですよね。物凄く印象的です。桑子真帆アナウンサーはとても美人なので笑顔が非常にチャーミングですね。NHKのアナウンサーの中でもかなり笑顔が似合う女性アナウンサーです。桑子真帆アナウンサーのファンは多いです。

-->

桑子真帆プロフィール

桑子真帆(くわこまほ)
本名・谷岡真帆(たにおかまほ)
生年月日1987年5月30日
神奈川県出身
鴎友学園女子高等学校→東京外国語大学卒
NHKアナウンサー

2017年5月30日にかねてから交際していた、フジテレビのアナウンサー谷岡慎一アナウンサーと入籍しました。桑子真帆アナウンサーの30回目の誕生日に入籍しました。

男性ファンはショック

桑子真帆アナウンサーの男性ファンはショックを受けたでしょうが、もう30歳です。結婚適齢期と言えます。入籍してからも仕事は普通に行っています。まだテレビの画面から消えないだけ良いと思います。今後、産休などで一時的に画面から消える可能性もありますが、こればかりは予測がつきません。

アナウンサーになるきっかけ

アナウンサーになる大きなきっかけは正直どこにあったのかはわかりませんが一つ言える事は、鴎友学園女子高等学校→東京外国語大学と言う、エリート路線を選択していますから、アナウンサーになることを東京外国語大学時代には意思を固めていたのではないでしょうか。NHKの桑子真帆アナウンサーの紹介ページを見ると素直にする事と書いてあります。泰然自若と言った所でしょうか?

難関のアナウンサー試験

桑子真帆アナウンサーはいつも自然体です。学生時代からそのスタイルは変わっていないと思います。大学時代にいろいろな就職先の選択肢はあったと思います。その中で難関のアナウンサー試験を受けています。バラエティをほとんどしなくて良いNHKを選択しているのも桑子真帆アナウンサーらしいですね。

ワラッチャオ!の初代お姉さん役

過去の出演番組で出世作の1つは≪ワラッチャオ!≫の初代お姉さん役です。このときは大人の人気よりも子供に非常に人気が高かったです。桑子真帆アナウンサーの仕事に対する真摯な姿勢と子供たちに大人気になる人柄が良いですね。非常に好感がもてますね。この辺りは流石ですね。子供に人気のある女子アナウンサーは少ないですからね。≪ワラッチャオ!≫を見ている子供達には大人気でした。

出世作のブラタモリ

そしてもう1つの出世作≪ブラタモリ≫タモリさんと様々な街を巡る番組です ≪ブラタモリ≫もNHKの人気番組です。女子アナウンサーの出世街道でもあります。桑子真帆アナウンサーは子供番組に起用しても、大人が好む≪ブラタモリ≫に起用しても、臨機応変に対応することが出来てしまうのは1流アナウンサーの証と言ってもいいのではないでしょうか?

そしてニュースチェック11

しっかりと、≪ワラッチャオ!≫では子供達に人気のお姉さん役を演じ、≪ブラタモリ≫では、タモリさんとの掛け合いで視聴者を沸かせました。そして今度はニュース番組≪ニュースチェック11≫を担当しました。着実にNHKの看板アナウンサーになるべく様々な番組に出演してきました。出世作は、≪ワラッチャオ!≫と≪ブラタモリ≫だと思います。

NHKを代表する看板番組ニュースウオッチ9

現在の担当番組は≪ニュースウオッチ9≫です。NHKの夜の顔です。≪ニュースウオッチ9≫はNHKを代表する看板番組です。ついに、桑子真帆アナウンサーもNHKの看板番組のキャスターに上り詰めました。≪ニュースウオッチ9≫に抜擢され、益々、仕事に対してやる気が上がっています。今はピークと言っても良いのではないでしょうか?入籍もし、公私ともに非常に充実した毎日を過ごしています。このまま活躍を続けて欲しいですね。非常にアナウンス技術は高いものがあり、臨機応変に対応することができます。ここが≪ニュースウオッチ9≫に抜擢された一つの要因だと思います。NHKが誇る看板番組の一つで出世街道でもある番組。誰でも担当できる番組ではありません。

NHKの夜の顔へ

桑子真帆アナウンサーの実力からすればなんて事はないのでしょうが、NHKの夜の顔になるということは大きなプレッシャーもあったと思います。それらを全て振り切るだけの能力が、桑子真帆アナウンサーにはあります。そこにはこれまで担当してきた番組でしっかりと次につながる為の、実績をしっかりと築きあげていたと思います。特に桑子真帆アナウンサーが、≪ニュースウオッチ9≫で何事もなく振舞えたのは、≪ニュースチェック11≫の経験が大きくいかされています。

1 2 3 4 5 6

関連記事

  1. 福田典子
  2. 中山京子アナウンサー
  3. 望月理恵アナ
  4. 岡村仁美アナウンサー(TBS)東京大学出身からTBSに。はなまるマーケットやうたばん有名番組を担当
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA