【美人アスリート】木村文子 選手(陸上・100m障害)東京オリンピックメダル期待

木村文子選手は1988年6月11日生まれ、広島県出身です。高校は広島県立祇園北高、大学は横浜国立大学を卒業しています。大学在籍時に日本学生陸上競技対校選手権の100mハードルや走り幅跳びに4年連続出場し、大学4年生の時に100mハードルで大会新記録となる13秒28を記録して初優勝しています。2011年4月にエディオンに入社、2012年4月の織田幹雄記念国際陸上競技大会の100mハードルでで自己新記録となる13秒04を記録し優勝し、ロンドンオリンピックに出場。2017年8月のロンドン世界陸上の100mハードルでは日本人初の準決勝進出を果たしました。

【ニュース】【陸上】新たな美女アスリート!笑顔のキュートな木村文子(23)に注目 100mハードル国内敵なし[10/15]【にちゃんのろぐ】

木村文子選手の100mハードルで一番すごかったタイムは2013年6月に味の素スタジアム行われた第97回日本陸上選手権大会で生まれています。その記録は13秒03という日本歴代4位の記録でしたが、同走の柴村仁美選手に0.01秒差で敗れています。また100メートル競争でのベストタイムは、2012年10月に行われた第67回国民体育大会の長良川陸上競技場での11秒95です。そして走り幅跳びのベスト記録は6m17となっています。順位に関しては、2017年8月に行われたロンドン世界陸上の100mハードル予選2組で13秒15のタイムで4着となり、日本人初の準決勝進出を果たしました。準決勝では13秒29というタイムで8着に終わり、決勝進出はなりませんでした。

木村文子 可愛いですね!

2012年に行われたロンドンオリンピックに出場した年に、自分が所属するエディオンのコマーシャルキャラクターに起用されています。そのコマーシャルは子役タレントの本田望結さんとの共演でした。内容はエディオンの店舗内で店員役の木村文子選手が会話をしている途中、いきなり木村文子選手が制服姿から陸上のユニフォーム姿に変身し、本田望結さんを独楽のように回しながら陸上競技場へ飛び出し、軽やかにハードルを越えていくというものでした。また木村文子選手は、広島エフエムのスポーツ番組の収録、民放の「炎の体育会 TV」・NHKの「めざせ!2020年のオリンピアン」へのテレビ出演などメディアへの進出も目立ってきました。

【陸上】木村文子の写真、画像集「走幅跳・100mH」

関連記事

  1. 藤吉佐緒里(バスケットボール)
  2. 岡田俊哉・中日
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA