松井優茄 選手(テコンドー)最も五輪には近い選手。強豪フランス選手にも。美しすぎるテコンドー選手。

スポンサーリンク

最も五輪には近い選手

足技のボクシングともいわれ韓国の国技でもあるテコンドー。日本人では、岡本選手が銅メダルを取って人気が出た競技でもあります。そんな日本のテコンドー女子を紹介致します。松井優茄選手です。1994年23歳で出身は、埼玉県。

身長167センチで46キロです。小学生2年空手始めたテコンドーで、高校生で全日本ジュニアチャンピオンになり、注目されました。大学は、あの日本体育大学に進み卒業されています。株式会社ムジャキフーズに所属しており社会人アスリートとして活躍しているのです。リオ五輪代表を目指していますが、アジア大陸予選では惜しくも一回戦で強豪に敗れ出場は、できませんでした。しかし東京五輪には、最も五輪には近い選手として注目されています。

強豪フランス選手にも

主な戦績は、高校時代に全日本ジュニアで優勝。日本体育大学進学後、2年生の2014年3月、全日本テコンドー選手権大会で準優勝しました。3年生になっ2014年9月には 全日本学生テコンドー選手権大会で優勝。さらに2015年3月には 全日本テコンドー選手権大会46kg級で優勝 したのです。4年生の2015年5月にはテコンドー世界選手権大会の46kg級に出場しました。

スポンサーリンク

リオ五輪予選では、残念ながら一回戦敗退でした。全日本で優勝した松井選手ですが、やはり輝かしいキャリアとしては、テコンドー世界選手権で三回戦まで進出したことでしょう。しかも強豪フランス選手にも勝っていますから、世界!も見えてきたのではないでしょうか!

美しすぎるテコンドー選手

松井優茄選手は、実力日本一ですがそれだけはないのです。美しすぎるテコンドー選手としてメディアからも大学時代から注目されてきたのです。そんな松井選手の面白いえエピソードがあります。激しい格闘技であるテコンドーですから、スッピンの選手が大半です。しかし松井選手は

【それは譲れない。(化粧しないと)気持ちが入らない】

と言って常にフルメイクで試合をしているのです。渋谷を歩いているのが似合うようなギャルが強いのですから、人気が出ないはずがありません。松井選手にとっては、化粧も武器です。もしオリンピックでメダルを取ったならスターとしてもっと注目されるでしょう!CMなどに登場する日も近いかめしれません。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 五十嵐カノア・イケメンアスリート
  2. 土井杏南 選手(陸上100m)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA