川崎衣美子 選手(空手)高校時代にアジア大会で。3年連続優勝。スタードラフト会議とは

高校時代にアジア大会で

東京オリンピックで初めて競技として認められた【空手】の注目の女子空手家を紹介いたします。名前は、川崎 衣美子(かわさき えみこ)選手です。1993年7月10日(23歳)の美人空手家なのです。プロフィールは、静岡県出身。身長150センチでA型女性。高校は、高崎商科大学付属高等学校から国士舘大学 体育学部 武道学科に在学中の女子大生なのです。5歳から初めた空手は、高校時代にアジア大会で優勝するほど上達していきます。ショートカットが似合う美人ですが、競技に集中するために彼は、いないそうです。まさに大和撫子といえます。オリンピックでメダルを取れば、日本のみならず世界の川崎!になる可能性を秘めた有力選手と言えるでしょう。

川崎衣美子

1993年7月10日生まれ。
高崎商科大学附属高校出身。
中学3年で、全国中学生空手道選手権の女子個人「形」で優勝。

3年連続優勝

3歳から兄の影響を受け初めた空手でしたが、全国中学生空手道選手権で優勝します。高校は、県内で無敵と言われる群馬県高崎商科大学付属高に入学します。高校三年でアジアジュニア&カデット優勝、プレミアリーグ(オープン戦)3位というすごい成績を残すのです。高校卒業後は、空手といえば国士舘の国士館大学に進学します。数あるキャリアの中でも一番輝かしい成績は、大学時代の全日本空手道剛柔会全国大会女子型の部2013年から3年連続優勝です。一度の日本一でも大変な偉業です。それを三年連続でしてしまうのが川崎選手の凄さでしょう。空手の型は、フィギュアスケートのような採点競技なのです。圧倒的な実力があるからこそ三連覇できたのでしょう。

【空手】川崎衣美子 美しい画像【国士舘大学】

スタードラフト会議とは

川崎衣美子選手の面白いエピソードとしては、スタードラフト会議という番組に出演したことです。この番組は、スターを目指す人が特技を披露して、プロダクションなどの審査員からオファーを待つという番組です。川崎衣美子選手は、高校時代に「アクションスターを目指す空手日本一美少女」として出演しました。番組では、空手の型や試し割りなどをして注目を浴びたのです!あのテリー伊藤から「宮沢りえの若い頃」に似てる!と絶賛されます。気になる結果は?なんと史上最多オファー17オファー!でした。大手芸能プロダクションから雑誌やマツコデラックスからまでオファーがあったのです。空手の世界だけでなく芸能会からも原石として注目をされたスターと言えるでしょう!

【空手】川崎衣美子 美しい画像【国士舘大学】

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA