平野 美宇 選手(卓球)世界第5位にランクイン。最年少で全日本のチャンピオン。平野選手のコピー?

世界第5位にランクイン

日本の女子卓球の全日本代表で現在は大原学園高等学校在籍中の2000年生まれの17歳です。3歳のときから母親が指導している平野英才教育研究センター卓球研究部で卓球の技術を学び、現在は、国際卓球連盟(ITTF)ランキングで世界第5位にランクインされている日本を代表する選手です。

同学年の伊藤美誠選手と以前はダブルスを組むなど仲の良い間柄であると同時にライバル関係でもあり二人を称して『みうみま』の愛称で親しまれていおります。

【平野美宇】〜全日本選手権2017(女子 シングルス) 表彰式

出典:naver.jp (2133949504203411201_0)
このままの状態をキープしていけば、東京五輪ではエースとして活躍するのではないでしょうか(^^♪

【平野美宇】〜全日本選手権2017(女子 シングルス) 表彰式

出典:naver.jp (2133949504203411201_1)

【平野美宇】〜全日本選手権女子2017(女子シングルス)

出典:naver.jp (2133949504203411201_7)

最年少で全日本のチャンピオン

ITTF(国際卓球連盟)主催のワールドカップで、2016年にアメリカのフィラデルフィアで開催された大会で女子シングルスで優勝しました。まだ16歳という年齢で優勝し、これは女子ワールドカップにおける史上最年少優勝でした。これだけも十分すごさがわかるのでしたが、もっと注目すべき点は、ITTF主催のワールドカップは1980年から開催された世界大会の一つで個人戦は年に一度行われてきましたが、平野美宇が優勝するまでは中国人以外の選手が優勝をしたことがありませんでした。

中国人以外の選手が優勝した世界初そして日本人初、尚且つ史上最年少優勝だったのです。また勢いそのままに翌月に開催された全日本卓球選手権大会でもあの石川佳純選手に勝ちこれまた史上最年少で全日本の女子のチャンピオンになりました。

平野選手のコピー?

日本の卓球選手もよく活躍の場を求め、また自分を強くするために、中国の卓球のリーグに以前は参加をしておりました。が、近年の日本の活躍とりわけ 平野美宇選手のワールドカップ優勝や中国人選手を次々撃破する中で、世界最高峰の中国スーパーリーグから、今後日本人選手が参加できない事になってしまいました。今までは福原愛ちゃんや石川佳純選手も参加できておりましたが、平野美宇選手の活躍により、あの大国が本気にならざるを得なくなったといっても過言ではないと思います。

たった一人のまだ17歳の少女によって。また平野美宇選手の対策として、中国ではトップ選手になれない選手が平野選手のプレースタイルを研究し、自ら平野選手のコピーになり、トップ選手と戦わせて研究の材料にするということも密かにやっているの噂です。

【平野美宇】〜全日本選手権女子2017

出典:naver.jp (2133949504203411201_11)

【平野美宇】〜全日本選手権女子2017

出典:naver.jp (2133949504203411201_13)

関連記事

  1. 入江 陵介 選手(水泳)
  2. 宮西尚生・日本ハム
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA