三好 南穂 選手(バスケットボール)5割近くの3ポイントシュート!!ドリブルの巧みさも。

リオに選出

1993年12月21日生まれで出身地は千葉県市川市、所属場所はトヨタ自動車アンテロープスです。身長は165㎝で体重は64㎏、ポジションはGです。バスケを始めたのは小学2年の頃で、ミニバスケで遊んでいた姉の影響で開始しました。管野小学校、東国中学校とミニバスケに夢中になったため、高校はバスケの強豪校でもある桜花学園高等学校を選んでいます。

高校時代は3年時にインターハイ3位、U-17女子世界選手権に参加し5位入賞と大活躍しました。高校卒業後はシャンソン化粧品へ入社し、バスケで大いに影響力を見せたので仁川アジア大会日本代表、リオデジャネイロ五輪代表などに選出されています。その後、トヨタ自動車アンテロープスに移籍しました。

三好 南穂

5割近くの3ポイントシュート

2015年から2016年にかけてのシーズンは、三好選手の存在感が光っていました。この期間中の3ポイントシュート成功率は5割近くと、驚異的な確率を誇っていたためです。そのため、他のチームの中には三好選手を徹底マークするように指示をした所もありました。シーズン中の平均得点も16点と高めだったので、シュート力の高さを驚異と見ていたと予想できます。また、ドリブルの巧みさも評価されている部分です。1対1になると相手の隙をつきすぐに抜き去るため、ドリブルの技術面でも警戒されていました。

守備力の高さでも各チームから一目置かれています。シーズンのリーグ戦にて1試合当たりのリバウンド6、アシスト4という数字を出していたので、守備の上手い選手としても定着しました。

思い出に残る楽しい時間

浴衣を着て仲の良い選手達と夏祭りに参加した事があります。昼間は浴衣を着て皆で大はしゃぎをして、夜は花火と出店での飲食を楽しみました。SNSにも浴衣も着て花火も見られて色々な物を食べることができ、最高に楽しかったと顔文字つきで書いていました。ただ、写真を見る限りでは、花火が打ち上げられている場面でたこ焼きに夢中になっているように見えるので面白いです。

夏祭りの後に、チームメイト達とスイカ割りを行うイベントが行われました。ビニールのような物を地面に張り、その上にスイカを乗せて行ったみたいです。SNSには綺麗に割れたスイカを仲間達と笑いながら囲んでいる写真があります。三好選手も笑顔なので、思い出に残る楽しい時間を過ごせたようです。

関連記事

  1. 中村輪夢・父親・中学校・メダル候補・家族構成・彼女
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA