1. 桑原将志選手はチームのムードメーカーでもあり、小島よしおのモノマネなどを得意としている。1番打者として定着し、センターのポジションでは際どい打球を、俊足をとばしてキャッチする、ハッスルプレーが売り。 出典:http…

  2. 吉見一起投手は中日の黄金期を支えたエースピッチャー近年は故障の影響もあり、満足のいく投球が出来ていないが持っている素質は1枚上。巨人戦にとにかく強く巨人キラーだった。 ストレートの切れが良いため、変化球が生きてくるピッチャー。スライダ…

  3. 藤川球児投手のストレートは狙っていても打てないストレートだった。ベースの手前でボールがポップするので、芯で捕らえるどころかバットにボールを当てる事すら難しい全盛期だった 出典:http://www.komei.or.j…

  4. 長野久義選手は、巨人入りを熱望し、2006年日本ハムから4位指名されるも入団を拒否、2008年千葉ロッテマリーンズが2位指名も入団を拒否。2009年読売ジャイアンツが、ドラフト1位単独指名し、相思相愛となりようやく読売ジャイアンツへ入団とな…

  5. 松井裕樹投手の高校は神奈川県の桐光学園高等学校に進学。1年秋からエースに君臨。2年夏の神奈川県予選大会では、3季連続出場を果たしていた、強豪校横浜高校相手に準々決勝で11奪三振を奪い勝利。決勝では桐蔭学園高等学校から15奪三振を奪う快投を見…

  6. 浅村栄斗選手は、大阪桐蔭高校時代甲子園に出場し、同校の優勝に貢献しています。特に高校時代からその卓越した守備能力はずば抜けたものがあり、甲子園においても度々美技を披露した。非常に打球判断に優れており、先の塁でアウトを取るのが上手い。普通の野…

  7. 涌井秀章選手は、2004年のドラフト1巡目で、埼玉西武ライオンズから指名を受け入団。当時は高校の先輩である松坂大輔投手がエースとして君臨していた。涌井秀章投手は1年目から登板するも1年目はプロの壁に跳ね返され、1勝6敗防護率7.32とプロの…

  8. 高校時代の中島卓也選手の評価はそれ程高くなかった。同期に三嶋一輝(現横浜ベイスターズ)がいる。三嶋一輝投手はかなり評価が高くチームの性質としては三嶋一輝投手が牽引するチームだった。 出典:http://pbs.twim…

  9. 松田宣浩選手は福岡ソフトバンクホークスのムードメーカー。松田宣浩選手がヒットを打てばベンチは盛り上がる。非常にチャンスに強く、スランプの期間は短いのも打者としては大きなアドバンテージになっている。先輩の三塁手には小久保裕紀がいる。その後を受…

  10. 西勇輝投手はとにかく強気のピッチングでデットボールを恐れず内角を大胆に攻める投球が持ち味。内角の球はバッターからすると打ってもファウルにしかならない球が多い。甘く入ると痛打をされる危険性もあるが、ここはバッテリーと打者の究極の駆け引きが行わ…

RETURN TOP