1. 石川雅規選手は、プロ野球選手としては非常に小柄で167センチしか身長がないが、熟練の投球術を若いころから身に着けていて、ストレートは140キロ以下だがプロ入り後も130kロ台のストレートで三振を奪っている。 投球内容はホームベースをフ…

  2. 日本1の守備力を誇る菊池涼介選手その守備範囲は非常に広範囲で、ヒット性の打球を涼しい顔でアウトにしてしまう。打った選手は、菊池涼介選手に追いつかれたら観念するしかないレベル。その守備は過去に遡ってもこれだけの名手はいないレベル。 …

  3. 高校時代から長距離砲として名をはせた筒香嘉智選手。その名前は全国区レベルの知名度。非常に勝負根性のある選手で弱みを見せない選手でもある。 花巻東高校との練習試合の当日、熱は39度の高熱。一般人なら歩くのもふらつくレベル。しかし、根性で…

  4. 中日の中心的選手である大島洋平選手。打撃面では右に左に打ち分けアベレージが残せるクラッチヒッター。足が速く、盗塁も積極果敢にする。そして守備においては定位置センターから、強肩発動。 遠投は115メートルを誇る強肩の持ち主。守備範囲がと…

  5. 糸井嘉男選手は、中学・高校の時は無名の選手だった。チームの中心選手ではあったが、怪我が多かった。甲子園とは全く無縁の宮津高校に進学。在学中に肩の手術などをしている。 出典:http://i0.wp.com (21476…

  6. 菅野智之選手は、子供の頃から常に注目を浴びながらプレーしていた。その理由は、前読売ジャイアンツ監督の原辰徳氏とは菅野智之の母親が、原辰徳氏の実妹で原辰徳氏は叔父に当たる。東海大相模高校時代は、振り逃げスリーランと言う非常に珍しい記録を持って…

  7. 則本昂大選手は、今シーズンの開幕投手はワールドベースボールクラシックの影響で回避した。それでも7月5日現在9勝2敗と絶好調で折り返しのオールスターを迎えようとしている。オールスターまでの登板はあと1回が予想される。前半戦で10勝を挙げ、5年…

  8. 中村剛也選手の愛称は「おかわり君」ホームランを1試合に複数本打つ事が多いことからホームランをおかわりすると言う事で「おかわり君」の愛称が埼玉西武ライオンズファンの間では定着している。そして非常に大柄に体ながら走り出したらかなり速い。鈍足のバ…

  9. 角中勝也選手は首位打者に2度輝いているが、2012年は西武ライオンズ在籍していた、中島裕之でほぼ確定していた状況だったが9月以降故障の影響もあって打率が急降下。一方上がり調子の角中勝也選手が遂に猛打賞の固め打ちで、中島裕之の打率を上回った。…

  10. 大谷翔平選手は、規格外とはまさに大谷翔平選手を指す言葉。高校時代にアマチュア野球史上最速の160キロをマークし、大きな注目を集また。気になる進路はメジャー挑戦だった。 出典:http://www.officiallyj…

RETURN TOP