カテゴリー:東京ヤクルトスワローズ

  1. ルーキ投手は、昨季(2016年)から東京ヤクルトスワローズに加入した外国人投手。主に8回を任されるセットアッパーで勝利の方程式の一員だった。昨季(2016年)は33ホールドを挙げ、その活躍が球団に評価され今シーズンの契約をした。今季(201…

  2. 畠山和洋選手は入団当初から和製大砲としての期待が非常に大きかったです。そうこうしているうちに時は流れ、山田哲人選手の打棒が爆発し注目の的は、山田哲人選手にいきました。トリプルスリー達成の本塁打王。しかし、その年に遂に花が完全に開花し、105…

  3. 川端慎吾選手はヤクルトスワローズの中でも人気は上から数えた方が早い人気選手。若い女性ファンが多い。ファンに対して優しく、子供のファンも多い。気さくにサインに応じてくれる。 神宮球場で試合がある日に、神宮の室内練習場からクラブハウスまで…

  4. 小川泰弘投手は創価大学時代から輝かしい実績の持ち主。リーグ戦通算36勝3敗。防御率0.60。1試合投げて1点取られるか取られないかという防御率リーグ戦にこれだけ登板していながら防御率0.60は凄い数字。 3年秋以降はリーグ戦21連勝や…

  5. 外国人助っ人の中でも最強の部類に入るバレンティン選手。その代名詞はなんと言ってもフルスイングから繰り出される、特大ホームランだ。バレンティン選手は規格外のパワーの持ち主。本拠地神宮球場では狭いくらいで、甲子園球場で丁度いい。 1年間で…

  6. 石川雅規選手は、プロ野球選手としては非常に小柄で167センチしか身長がないが、熟練の投球術を若いころから身に着けていて、ストレートは140キロ以下だがプロ入り後も130kロ台のストレートで三振を奪っている。 投球内容はホームベースをフ…

  7. 山田哲人選手は、ドラフトではオリックスバファローズとヤクルトスワローズが競合。ヤクルトスワローズが交渉権を獲得し、ヤクルトスワローズに入団。入団1年目からその打撃センスは光るものがあり、コーチと二人三脚で確実性の向上をはかってきた。 …

RETURN TOP