カテゴリー:読売ジャイアンツ

  1. 澤村拓一投手は、佐野日大高校は3番手投手で最後の夏は登板機会がなく終わった。その後、中央大学に進学し、素質が開花する。ストレートも東都大学リーグ史上最速となる157キロをマークした。読売ジャイアンツに入団してからは1年目から、ローテーション…

  2. 田口麗斗選手は、1読売ジャイアンツ若手ナンバー1成長株で昨年はローテーションに定着した。初完封勝利もマークし、左の時期エース候補となっている。規定投球回数にも初めて到達。読売ジャイアンツで昨年二桁勝利を挙げた唯一の投手である。エース菅野智之…

  3. 球界屈指の鉄腕投手山口鉄也投手。9年連続60試合登板の新記録を昨年樹立しました。非常にタフな左腕ですが、昨年から勤続疲労が見受けられるのが少し心配です。現在(2017年6月27日現在)登録抹消中です。 出典:http:…

  4. 巨人は外国人選手を取るのが何故か下手なのですが、スコット・マシソン投手は久々に当たりを引き当てました。入団当初はコントロールにバラツキがありストレートは物凄く速いのですが、如何せんストライクが入りません。 出典:htt…

  5. 長野久義選手は、巨人入りを熱望し、2006年日本ハムから4位指名されるも入団を拒否、2008年千葉ロッテマリーンズが2位指名も入団を拒否。2009年読売ジャイアンツが、ドラフト1位単独指名し、相思相愛となりようやく読売ジャイアンツへ入団とな…

  6. 阿部慎之助選手は、安田学園から中央大学に進み、レベルアップをはかる。ドラフトの目玉選手だった。読売ジャイアンツを逆指名した。後に契約金を大きく超える10億円契約をしていた事が判明するも、球団も阿部慎之助選手もお咎めなし。 …

  7. 菅野智之選手は、子供の頃から常に注目を浴びながらプレーしていた。その理由は、前読売ジャイアンツ監督の原辰徳氏とは菅野智之の母親が、原辰徳氏の実妹で原辰徳氏は叔父に当たる。東海大相模高校時代は、振り逃げスリーランと言う非常に珍しい記録を持って…

  8. 球界屈指の人気を誇る坂本勇人選手。球界の盟主、読売ジャイアンツのショートの座に君臨する。シャープな打撃と堅実な守備力そして、足も速く積極的に盗塁を仕掛ける3拍子揃った選手。反対方向にもホームランを叩きこむ事が出来る長打力も兼ね備えている。ま…

RETURN TOP