カテゴリー:広島東洋カープ

  1. 堂林翔太選手は広島東洋カープの中でも人気の高い選手です。2012年は高い素質を見込んだ野村謙二郎監督の方針で、1年間レギュラーで使い続けた。プロ初の1軍のシーズンでありながら144試合全試合使われ続けた。成績はお世辞にも良いとは言えない、2…

  2. 田中広輔選手は高校・大学時代は読売ジャイアンツのエース菅野智之投手と同期でチームメイトでした。大学時代大きくクローズアップされたのは菅野智之投手。最速157キロをマーク、大学人離れした鋭いスライダーにツーシームにスピリットを操り、他の大学の…

  3. 大瀬良大地投手は、高校時代は線の細い投手だったが、大学時代に様々トレーニングをした事によって体重が14キロも増えた。体重が増えた事で、球速も大幅にアップした。大学時代最速154キロをマークしている。 出典:http:/…

  4. 高校時代バッテリーを組んでいた野村祐輔投手と、小林誠司選手(現巨人)と共に、広島の強豪校・広陵高校で夏の甲子園に出場。決勝まで勝ち進み8回表で4対0と広陵がリード。 出典:http://www.hochi.co.jp …

  5. 丸佳浩選手は今や広島東洋カープの不動の3番打者。非常に選球眼が良くフォアボールの数はチーム1。ギリギリの際どい球を見切るのでたまにアンパイヤの手が上がる事がある。 出典:http://livedoor.blogimg.…

  6. 日本1の守備力を誇る菊池涼介選手その守備範囲は非常に広範囲で、ヒット性の打球を涼しい顔でアウトにしてしまう。打った選手は、菊池涼介選手に追いつかれたら観念するしかないレベル。その守備は過去に遡ってもこれだけの名手はいないレベル。 …

  7. カープの4番を完全に実力で掴み取った鈴木誠也選手。大谷世代で打者としては1番出世している。また、大谷世代では今季1番調子が良い選手。甲子園経験はないものの、抜群の野球センスがスカウトの目に止まり、ドラフト2位指名をカープから受けた。 …

RETURN TOP