スタンリッジ(千葉ロッテ)頼れる助っ人右腕!!先発1本!!3球団を渡り歩く!!

スタンリッジ投手は千葉ロッテマリーンズの頼れる外国人右腕です。最速154キロのストレートに、カーブ、スライダー、チェンジアップを投げ分けます。スライダーは2種類あり、カウント球と決め球で握りが違います。日本球界が長いので、かなり日本の生活に慣れています。なかなか食生活など慣れない事が多いですが、スタンリッジ投手は日常生活で困った事も特にないようです。これだけ長い期間日本にいれば嫌でもなれますよね。東日本大震災の年には勝ち星1つにつき20万円の寄付を行い。10勝を挙げたので200万円を寄付する優しい心の持ち主でもあります。

スタンリッジ(千葉ロッテ)プロフィール

生年月日1978年11月9日
アメリカ合衆国出身
年俸1億4400万円
千葉ロッテマリーンズ所属

頼れる助っ人右腕!!

頼りになる先発右腕です。昨季(2016年)は8勝8敗とイーブンなのですが、勝ち星以上にチームに対する貢献度が非常に高い投手です。勝ち投手の権利を持って降板し、後続投手が打たれて勝ち星が吹き飛んだ試合が何試合かあるので、内容は非常に濃いです。球数は比較的多いほうですね。千葉ロッテマリーンズに来てからは完投が1度もありません。この辺りは監督によって、もう1回投げさせる監督もいれば、スパッと代える監督もいます。伊東監督は後者にあたりますね。スパッと代えるタイプです。

完投能力

監督によって起用法が異なるのは仕方がありません。スタンリッジ投手は完投能力を持っている投手です。これはチームの方針なので後はリリーフ陣に任すだけです。スタンリッジ投手は最速154キロのストレートを軸にグイグイ押していく投球スタイルも得意としています。俗に言うパワーピッチングです。ストレートが速く得意のスライダーは切れ味が鋭いです。バッターはつい追いかけて振ってしまいます。腕の振りが同じなので途中まではストレートに見えますが、実は途中から鋭く曲がるスライダーです。

決め打ち

山を張って決め打ちをするしかありませんが、スライダーはカウント球は比較的甘く来ますが、プロのバッテリーですからバッターが何を待っているのかは直ぐに分かります。その為、裏を突きます。しかしバッターもプロなので三味線を弾いている場合もあります。ここまでの駆け引きになってくると非常に濃い勝負になってきます。こうなってくるとどちらに軍配が上がるか?打者が狙っている球を投げさせれば打者の勝ちです。狙いを外せばバッテリーの勝ちです。プロは非常にレベルの高い所で駆け引きを行っています。

地道な作業

プロの投手は投げるだけではありません。マウンドに上がる前から、対戦するバッターの傾向を入念にチェックしています。これがプロ野球です。相手がどんなバッターと分かっていても最近の調子などがどうなのかをしっかりスコアラーから情報を入手しています。こういった地道な所からスタートしています。スタンリッジ投手も実績は十分ですが、その背景にはこういった、地道な作業をしっかり行っているので、好結果が出ています。これをしないと好結果は出ないかも知れません。

先発1本!!

スタンリッジ投手は先発1本で勝負をしています。ナイターとデーゲームでは圧倒的にナイターの方を得意としており阪神タイガース時代は【夜王】の異名で呼ばれていました。その反面、デーゲームには弱いという非常に分かりやすい投手です。ここまではっきりしている投手も珍しいですね。デーゲームは季節によって暑い時もありますからね。非常にスタミナをロスします。屋内型のドーム球場であれば1年間を通して涼しいですけどね。

ドーム球場を本拠地

パリーグはドーム球場を本拠地に持っている球団が多いです。福岡ソフトバンクホークスはヤフオクドーム(福岡ドーム)。北海道日本ハムファイターズは札幌ドーム。埼玉西武ライオンズはメットライフドーム(西武ドーム)オリックスバファローズは(京セラドーム)です。パリーグの投手はそういった面では恵まれていますね。セリーグは東京ドームとナゴヤドームしかありませんからね。スタンリッジ投手もパリーグの方が投げやすいと思います。

3球団を渡り歩く!!

来日して最初に所属した球団が福岡ソフトバンクホークスです。最初はパリーグからスタート。その後、阪神タイガースに移籍。ここでセリーグの野球も体験しました。非常に良い刺激になったと思います。そして再び、福岡ソフトバンクホークスに戻り、今度は慣れ親しんだパリーグの野球と本拠地ヤフオクドームでファンから温かい声援で迎えられました。そして、現在は千葉ロッテマリーンズの一員としてチームを牽引していこうとしています。

なかなか、今季は故障の影響もあって満足に投げれていませんが、潜在能力は確かなものがあるのでしっかりとチャンスはものにして欲しいですね。

ソフトバンクが11日からのオリックス、西武6連戦に先発ローテーションを変更して臨むことになった。

11日からのオリックス3連戦は、ローテーション通りなら初戦が中田で、2戦目がスタンリッジのはず

ジョイ夫人(34)が12日に出産予定のためで、工藤監督も全面バックアップでローテを組み替えた。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA