鈴木大地(千葉ロッテ)(千葉ロッテ)背番号7を継承!!シャープな打撃!!金メダリストと同姓同名!!

鈴木大地選手は2014年からキャプテンを任されています。最初はソウルオリンピック背泳ぎ金メダリスト鈴木大地氏と同姓同名と言う事が野球選手としての内容よりも注目を大きく集めました。しかし。徐々にプロ野球選手としての実力も兼ね備えてきており、プロ野球選としての認知度が大幅に上がりました。プロ野球選手としても注目を集めるようになり本人もかなり気合がもともと入っていましたが更に気合がましました。2年目からはレギュラーの座を獲得しています。今季(2017年)はホームランも2桁に届きそうです。

<!–

2137776935165032901_4

–>

鈴木大地(千葉ロッテ)プロフィール

生年月日1989年8月18日
静岡県出身
桐蔭学園高等学校→東洋大学卒
甲子園出場歴なし。
2011年ドラフト3位
年俸1億円
千葉ロッテマリーンズ所属

背番号7を継承!!

鈴木大地選手は、2014年から西岡剛選手(阪神タイガース)が着けていた背番号7を継承。サイン会ではファンから≪西岡を超さないと許さないぞ》と発破をかけられあらためて、背番号7の偉大さを痛感した。西岡剛選手はロッテ時代、首位打者に輝くなど、ロッテの顔だった、メジャー挑戦後は、阪神タイガースでプレーをしている。偉大な先輩の背番号を継承した重みはかなりのものがある。

成績で応えるしかない

しかし、継承した以上は成績で応えるしかない。プロ野球選手は全て成績で判断される。成績が良ければ年俸も上がればファンも増える。成績が悪ければ年俸は下がりファンも減る。非常にシビアな世界である。しかし、プロ野球の世界とはそういうものである。成績が良くないと周りからは注文が多くなる。そしてファンからはヤジが飛ぶ。非常にシビアな世界。本当に結果だけが求められる世界。結果以外は何もいらない。とにかく少しでもいい結果を残す事。

完全覚醒すれば

これが何よりも重要な事。成績は徐々に上がってきているが、まだ完全覚醒には至っていない。完全覚醒すれば非常に面白い選手になる。打撃もかなり進化する。それこそ、西岡剛選手(阪神タイガース)のように首位打者を取る事も決して夢物語ではないと思う。それが出来る選手。無理なリクエストではない。十分鈴木大地選手なら成し遂げる事が出来る事。能力覚醒をすれば、一気に打率も上がり、首位打者争いの常連になりそうだ。

シャープな打撃!!

非常に三振の少ないバッターである。ボール球にあまり手を出さない選球眼には定評がある。今季(2017年)は7月20日現在、三振は47個。少し例年よりペース的には多いが、それでも少ない。コンパクトなスイングでシャープな打撃を得意としている。将来的には3割を超すアベレージヒッターになる事が期待される。ここまでのキャリアハイは昨季(2016年)の285。3割まであと少しの所まできている。

今後きっかけが

あとはちょっとしたきっかけで大きく変わる可能性が大きい。バッターは本当にちょっとした事で変わる。鈴木大地選手も今後きっかけで大きく化ける可能性がある。本当に首位打者目指して頑張っていく気持ちが非常に重要である。そういう気持ちを持つ事が重要な事であり、そういった気持ちを持ってないととてもではないが、首位打者にはなれない。そう簡単に首位打者になれる程甘くない。それがプロ野球の世界である。厳しい競争の社会。

打率をもう少しあげれば3割に

ベストナインに2度輝いているように、ショートと言う花形ポジションでこういった守備と打撃が1番優れている選手に贈られる賞を受賞しているので、後は打率をもう少しあげれば、3割に届くので、最後の粘りが重要になってくる。1年間戦っていると、ばててくる時期が来る。この時期はどの選手もキツイ。ここをどう切り抜けるかが大きな勝負になってくる。キツイ時に粘れば打率も落とさないでキープする事が出来る。

首位打者を目指せる

ここが3割を常にマークするバッターと3割を打てないバッターの差である。シャープな打撃が身上の鈴木大地選手はバッティングセンスは抜群のものがある。後は如何に打率をあげるかがポイント。280と300.この2分の差がかなり大きい。3割バッターと言う肩書は非常に打者にとっては大きなものになる。1度鈴木大地選手なら3割を打てば、後は継続的の3割を打てるようになり首位打者を目指せるバッターになる。

インパクトがある名前

ソウルオリンピック背泳ぎ金メダリストの鈴木大地氏と同姓同名である。本人は小さい頃は病院などで名前を呼ばれるのが嫌だったそうだが、今となってはこの名前で良かったと思えるようになったと言う。金メダリストと同姓同名は流石に病院で名前を呼ばれたら振り返る人もいる。それだけインパクトがある名前。

鈴木大地として

今はプロ野球選手の鈴木大地として名前を売っている。今季(2017年)は後半戦ギアをあげないと、3割は少し難しいが不可能な数字ではない。来季(2018年)は、確実に3割は達成して欲しい。

<!–

2137776935165032901_0

–>

<!–

2137776935165032901_1

–>

<!–

2137776935165032901_2

–>

昨季にベストナインに輝いたロッテの鈴木大地内野手(24)が結婚したことが5日、分かった。東洋大時代から3年7カ月の交際を実らせて、元会社員の優香(ゆうか)夫人(23)と昨年12月21日に都内の区役所に婚姻届を提出した。

<!–

2137776935165032901_3

–>

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA