外崎修汰(西武ライオンズ)素質開花!!高い盗塁成功率!!将来性抜群!!

外崎修汰選手は今季(2017年)ブレイクした選手の1人です。埼玉西武ライオンズの内野手で、サードはホームランバッターの中村選手がいますが、外崎選手は、しっかりと中村選手が不調の時に出場機会を掴みチャンスをものにしました。埼玉西武ライオンズの内野陣はなかなか豪華なメンバーが顔を揃えます。外崎選手はこれまでも1軍の試合でチャンスはありましたが、中々そのチャンスをものに出来ないでいました。

しかし、今季(2017年)はしっかりとめぐってきたチャンスをものしました。プロ野球の世界では、巡り合わせもあります。1回でチャンスをモノにする選手もいれば、何度かチャンスをもらってモノにする選手もいます。外崎選手は、後者になります。中にはチャンスをものに出来ないで、現役生活にピリオドを打つ選手もいます。

外崎修汰(西武ライオンズ) プロフィール

生年月日1992年12月20日
青森県出身
青森県立弘前実業高等学校→富士大学卒
甲子園出場歴なし。
2014年ドラフト3位
年俸1300万円
埼玉西武ライオンズ所属

素質開花!!

今季、外崎選手はプロ入り3年目にして素質が開花しました。埼玉西武ライオンズは内野も外野も層が厚いのですが、外崎選手は本職はサードですが、ショートや外野を守る事ができます。このアドバンテージを大きく味方につけて出場試合数を増やしています。このままいけば今季(2017年)はプロ入り3年目で規定打席に到達しそうです。規定打席に到達するのとしないのでは大きく違います。外崎選手は故障さえしなければ今季の規定打席到達は間違いありません。あとは極度の不振に陥らなければ大丈夫です。

成績は安定!?

今季はホームランが二桁に到達しています。長打力のあるところも見せていますが、タイプ的にはアベレージヒッターだと思います。今季はまだ打率は低いですが、これが、外崎選手のフルの能力ではありませんからね。完全に能力覚醒すれば毎年3割を打てるバッターになると思います。先ずは素質が開花したのが大きいですね。足が速いのも大きな武器になっています。能力が完全に覚醒したら、思っていた以上に活躍をする可能性があります。これだけは現段階では何とも言えませんが、かなり高いレベルで成績は安定すると思います。

穴の少ない選手

外崎選手は様々な守備位置を守る事が出来るので、非常にチームに取っては使い勝手が良く、そして結果を今季のように残してくれるのですから首脳陣としてはいう事がないですね。守備力も高いですから、非常に穴の少ない選手です。ここが非常に大きいですね。チームとしては使いたい選手です。しっかり結果を残してくれれば首脳陣は自然と使います。使わない方がおかしいですよね。結果を出している選手は使ってもらえます。これがプロ野球の世界です。結果がでないと使ってもらえません。

高い盗塁成功率!!

今季(2017年)盗塁企画は19回。成功16回・失敗3回。成功率842と非常に高い盗塁成功率をマークしています。この調子でいけば、今季は20盗塁はマークするでしょう。通算の盗塁成功率も高く、盗塁企画35回。成功31回・失敗4回です。盗塁成功率885です。ほぼ
10回走って9回は盗塁が決まると言う数字です。非常に高い盗塁成功率を誇ります。埼玉西武ライオンズは足の速い選手が揃っています。秋山選手・金子選手・源田選手とレギュラー選手で盗塁王が狙える選手がいます。

機動力野球

その中に今後は外崎選手も加わっていく事になると思います。埼玉西武ライオンズは機動力野球を得意としているチームです。これはチームの伝統ですね。埼玉西武ライオンズの黄金期の1980年代後半は、走れる選手が多かったですね。打って走れる典型的なバッターは福岡ソフトバンクホークス前監督の秋山幸二氏ですね。非常に運動神経がよくサヨナラホームランを放つとバク転してホームインするパフォーマンスは有名でした。そんな黄金時代から現在に至るまで機動力野球はチームカラーです。

将来性抜群!!

非常に将来性抜群の選手です。能力が覚醒すれば、アベレージヒッターで、ホームランは20本前後。盗塁王争いに加わってくると思います。非常に盗塁テクニックは良いものを持っています。盗塁テクニックだけは自分で磨くしかありません。教わっても最終的に盗塁を慣行できるかどうかは本人です。結局は盗塁は本人の盗塁センスに委ねられる部分が大きいです。盗塁をしていくうちに感覚を体に覚えさせ、後は相手投手との駆け引きになってきます。投手のフォームの癖を盗むと言うのも大きな仕事の一つです。

盗塁テクニック

盗塁を決めるには単純に足が速いだけでは決める事は出来ません。盗塁テクニックが重要になります。非常に盗塁とは奥が深いものです。また、パンチ力があるのである程度のホームランも期待できます。右バッターの秋山翔吾選手と言った所ではないでしょうか?かなり将来有望な選手です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA