炭谷銀仁朗(西武ライオンズ)扇の要!!高い盗塁阻止率!!銀ちゃん!?

炭谷銀仁朗選手は高校時代は強打で、他の学校から非常に恐れられ、満塁の場面でも敬遠された事がある。満塁で敬遠と言う事は1点をあげると言う事。相手の高校は、炭谷選手に満塁ホームランを打たれるのが怖かった。満塁ホームランだと4点。敬遠だと1点。4点取られる可能性があるのなら、1点を献上してでも良いと言う判断を相手高校の監督は下したと言う事です。

高校野球の世界でも非常に珍しいシーンです。なかなか。こういった事は滅多にありません。それだけ高校時代の炭谷選手のバッティングセンスは抜群のものがありました。プロに入ってからは不思議な事に打撃面では苦戦しています。これが高校野球のレベルとプロのレベルの大きな違いです。それでも強肩はプロに入っても1流のものがあり高い盗塁阻止率を誇ります。強肩はプロでも1流のものがあります。

炭谷銀仁朗(西武ライオンズ) プロフィール

生年月日1987年7月19日
京都府出身
平安高等学校卒
甲子園出場歴なし
2005年高校生ドラフト1巡目
年俸1億円+出来高(2016年から2年契約)
埼玉西武ライオンズ所属

扇の要!!

今では埼玉西武ライオンズの、扇の要として躍動しています。高卒1年目から先発起用され、ホームランを放った事もありました。しかし、打撃面には課題を残しました。2割を超えたシーズンは昨季(2016年)までで、5回のみです。最高打率は、218です。今季は打撃でもチームに貢献しようとキャンプから奮起して、8月18日現在打率は、269です。キャッチャーとしては、これくらいのアベレージを残してくれれば十分合格点です。今季(2017年)は打撃面ではこのままいけばキャリアハイを更新しそうです。

正捕手の座

打撃面でも貢献できるともうしばらくは、正捕手の座を明け渡す事はないでしょう。今までは送りバントだった所が強硬策でいけますからね。確実なのは送りバントです。しかし、打撃面では大幅に向上しているので、強硬策で一気にチャンス拡大が狙えます。しかし、一歩間違えば、ダブルプレーになってしまいます。エンドランでランナーがスタートを切っていればいいですが、スタートを切ってないと厳しいですね。先ず、ダブルプレーになります。今年の打率アップの大きな要因は右打ちです。

流し打ち

反対方向に、流し打ちが出来るので、今までは引っかけて凡退していた打席が、流し打ちでライト前ヒットで出塁する事が出来るようになりました。甘い球は豪快にレフトに引っ張り、外角の球は、強引に引っ張ると内野ゴロになる可能性があります。反対方向に流してもヒットになる確証はありませんが、引っ張るよりは打率は安定します。そのバッティングが今シーズン出来ています。その為、率を残す事が出来ています。打率を残す事が出来るのは非常に大きいです。少しのきっかけで、打撃は大きく変わります。

高い盗塁阻止率!!

炭谷選手は2塁送球まで1.9秒と強肩キャッチャーです。非常に高い盗塁阻止率を誇ります。埼玉西武ライオンズ戦で、炭谷選手がマスクを被った試合は相手チームの俊足ランナーも非常にスタートを切りにくいです。相手投手のモーションを完全に盗まないと厳しいですね。炭谷選手からセカンドに矢のような送球がきます。スタートが良くないと先ず、炭谷選手の強肩の餌食になってしまいます。埼玉西武ライオンズの投手は、炭谷選手がマスクをかぶっている試合は安心感が違います。しっかりクィックモーションで投げます。

クィックモーション

投手もしっかりクィックモーションで投げるので、炭谷選手の強肩があればそう簡単に盗塁を許しません。それが炭谷選手の持ち味です。打撃ではあまり貢献出来ない分守備では大きく貢献しています。キャッチャーというポジションは、非常に大変なポジションです。体中あざだらけになってしまいます。それだけ身を挺してボールを後ろにそらさないように体で止めます。プロテクターをしていない部分も多いですからね。そこにボールが直撃すれば腫れあがります。キャッチャーは本当に重労働です。

それでも、ゴールデングラブ賞やベストナインを受賞しています。キャッチャーとしての能力は非常に高いものを持っています。これが炭谷選手の原点ですね。キャッチャーとして試合に出続ける事に意味があります。

あだ名、銀ちゃん!?

高校時代のあだ名は≪銀ちゃん≫でした。炭谷銀仁朗の銀から取った≪銀ちゃん≫だったのですが、いつの間にかミナミ帝王の主人公・萬田銀次郎に因んで、≪銀ちゃん≫から≪トイチの萬田≫と呼ばれるようになりました。今の時代の選手は色々見ていますね。普通、高校生がミナミの帝王は見たり、読んだりするものではありませんからね。竹内力さん主演のVシネマで金字塔の番組ですからね。漫画で読むのと実写版を見るのとでは、断然実写版の方が面白いですけどね。今は流石に≪トイチの萬田≫とは呼ばれていません。

関連記事

  1. 2018 07.13

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA