今井達也(西武ライオンズ)将来のエース候補!!ストレート!!コンビネーション!!

今井達也選手は、昨年夏の甲子園の優勝投手。試合ごとにスピードが増していった。最速は152キロ。春季キャンプ中に故障を発生し、開幕1軍は逃した。現在も調整中。思ったよりも長引いているがしっかりと故障は治す事が重要。中途半端に治すと再発する危険性が高い。その為、故障はしっかりと治さなければいけない。故障は癖になる事もあるのできっちり完治させる事が重要になってくる。将来のエース候補だけに焦る必要はない。球団も当然その辺りはよく理解しているので、今シーズンは1軍登板がなくても目を瞑る事が出来る。

<!–

2147508335230912901_1

–>

今井達也(西武ライオンズ)プロフィール

生年月日1998年5月9日
作新学院高等学校卒
甲子園出場歴あり(優勝)
2016年ドラフト1位
年俸1300万円
埼玉西武ライオンズ所属

将来のエース候補!!

昨年のドラフト会議の前に間違いなく1位で消える投手と言われていた。大方の予想通り埼玉西武ライオンズが1位指名した。高校生投手としてはナンバー1の呼び声が非常に高かった。1年目の年俸が1300万円。1年目からある程度1軍での活躍を見込んでの年俸だった。非常に完成されている投手で、プロに行っても現状の力だけでも十分に戦えると言われていた。しかし、キャンプ中の故障によって1軍登板は前半戦は1試合もなかった。

エース候補

埼玉西武ライオンズの将来のエース候補。出来れば1年目から活躍して欲しかったが、故障には勝てない。無理に故障してまで試合に出ると傷口に塩を塗る様なものだ。当然、そんな事をさせるわけにはいかない。将来のエース候補が故障で潰れてしまったら本末転倒だ。埼玉西武ライオンズの将来のエース候補。今年は故障をゆっくり直して、来年また1からやり直せば良い。それぐらいの割り切りは必要になってくる。

2桁勝利も狙えた

故障の連鎖にならないようにする体に今年はすれば良い。故障さえなければ1年目から2桁勝利も狙えた逸材。今年は新人王の本命の福岡ソフトバンクホークスの田中正義投手が早々故障でリタイヤ。対抗の千葉ロッテマリーンズの佐々木千隼投手も成績が冴えない。順調だったら新人王の有力候補。ライバルは同じチームの源田選手になっていた。しかし、今井達也投手も故障に泣いてしまった。今シーズンは大物ルーキーが故障に次々に、見舞われている。

2種類くらい変化球を

故障の話はさておき、今井達也投手の潜在能力は高い。後はもう2種類くらい変化球を覚えれば、かなり完成度の高い投手となる。先発ローテーションの中心になる投手になれる。それ位の器の大きな投手。ここは先ず最初はローテーションの一角を担い、成績が伴ってきたらローテーションの中心にすればいい。それだけの素質はしっかりと持っている選手。非常に高い潜在能力を持っている。1軍で投げれば素質開花は時間の問題の投手。

今井達也(西武ライオンズ)ストレート!!

今井達也投手が最も自信を持っている球がストレート。最速152キロのストレートが唸りをあげる。プロでも通用するストレート。高校生レベルではなかなか芯に当てる事すら難しかったストレート。プロでもそのストレートは通用する。勿論、ストレート1本ではプロの選手を抑え込む事は出来ない。高校時代は切れ味鋭いスライダーが大きな武器だった。あのスライダーは高校生レベルでは打てないだろう。そしてカットボール。この2つの球種を主に使っていた。

育成がうまい

ここに落ちる変化球をしっかりマークすれば、今井達也投手の活躍のフィールドは大きく広がる。基本的にエース候補なので、先発で最初から起用したい。今年は1軍登板なしで、来年の新人王争いを制すればいのではないだろうか?勝負は来年で良い。これだけの好素材の投手そんなに焦る必要はない。埼玉西武ライオンズは若手の素質ある投手を育てるのには定評がある。異次元の活躍をした松坂大輔投手(福岡ソフトバンクホークス)や涌井秀章投手(千葉ロッテマリーンズ)など、高卒投手を育てるのが上手い。

今井のコンビネーション!!

今井達也投手が埼玉西武ライオンズのエースになる為にはストレート変化球のコンビネーションが必要不可欠になって来る。高校の時のようにストレート中心だと、プロのバッターは甘い球は逃さない。また1本調子では1軍では通用しない。こういった部分が非常に重要になってくる。ストレートに変化球のコンビネーションを先ずはしっかりとマスターする事。これが1番重要な事になって来る。ストレートは惚れ惚れするものがあるそこに変化球のコンビネーションが加われば鬼に金棒だ。

まだ1軍実績は全くないが、1軍に上がってきたときに先ず進化が問われる。ここでしっかり1軍で通用するかどうかが分かる。但し、1試合だけでは判断する事は出来ない。余程、内容が悪くない限り1試合だけでは判断できない。それは好投しても同じことが言える。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA