金子侑司(西武ライオンズ)盗塁王!!ユーティリティープレイヤー!!強肩!!

金子侑司選手は昨シーズン53個の盗塁を決め、糸井嘉男選手(阪神タイガース)と同数で盗塁王のタイトルに輝きました。足がとにかく速く、盗塁センスも抜群。こんな選手はなかなかいない。今年は更なる飛躍が期待されたが、春季キャンプ中に過労性骨膜炎による右脛痛を訴え、開幕1軍を逃し大きく出遅れてしまった。その間に源田選手が北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手と壮絶な盗塁王争いを演じている。

<!–

2140564604939993201_0

–>

金子侑司(西武ライオンズ)プロフィール

生年月日1990年4月24日
京都府出身
立命館宇治高等学校→立命館大学卒
甲子園出場歴なし。
2012年ドラフト3位
年俸4800万円
埼玉西武ライオンズ所属

盗塁王!!

現在、源田選手と西川遥輝選手(北海道日本ハムファイターズ)が熾烈盗塁王争いを演じている。本来ならこの争いにくわわらなければいけないが故障で痛恨の出遅れ。プロ野球選手で1番怖いのが故障。これだけはいつするか分からない。故障をしない選手はなんだかんだ言って成績も安定している。プロ野球の世界は弱肉強食の世界。幾ら昨年53個の盗塁を決め、盗塁王のタイトルに輝いたとはいえ、絶対安泰ではない。

<!–

2140564604939993201_1

–>

内野の他に外野も守る

これがプロの世界の厳しさである。幸いな事に金子侑司選手はユーティリティープレイヤーなので、内野の他に外野も守る事が出来る。実は、金子侑司選手も本職はショートであるが、どっかりと怪我で出遅れている間にルーキーの源田選手にショートのレギュラーポジションを奪われてしまった。こうなると選手層の厚い埼玉西武ライオンズでは、外野を守るしかない。外野を守る事が出来るのは非常に今となっては大きい。

しっかりと治してほしい

出遅れてしまったのは仕方がない。強引に出場して故障が悪化して、復帰まで長引いてしまう。そうなってしまうと本末転倒になってしまう。故障はしっかりと治して再発を防がなければいけない。これがプロ野球選手に最低限求められる故障リスクの分散。ここをしっかり出来る選手は選手生命が長くなるが、逆に出来ない選手は選手生命が短くなってしまう。少しでも長く野球選手を続けたいのなら故障したら無理をしない事。

来年再び

今シーズンは2年連続で盗塁王を狙ってかなり気合を入れてキャンプに突入したが、故障を発症してしまった。今年盗塁王に輝く確率は0%と言えるだろう。その分今年はほどほどに盗塁を積み重ね、来年の巻き返しに燃えれば良い。プロ野球選手は、1年1年が勝負になってくる。複数年契約でも結ばない限り、1年1年が勝負。プロ野球選手は活躍すれば年俸は上がる。来年再び盗塁王になればいい。

ユーティリティープレイヤー!!

ユーティリティープレイヤーの選手なので、厳しい内野手争いから、センターは固定されているがライト・レフトは隙があるので、外野での出場が出来る。本職はショートですが、ショートのレギュラーに源田選手が獲得している。ここで来シーズンは挑戦状を叩きつける位の気持ちが欲しい。しかし、キャンプから熱い戦いが始まるが、どちらも抜群の盗塁センスを誇る。出来れば2人同時に使いたい。かなり得点力がアップする。

<!–

2140564604939993201_2

–>

俊足でしっかりと外野も守る

チーム盗塁数も一気に上がりパリーグトップに躍り出るのは間違いない。この俊足ランナーを何とか生かす事が出来れば、チームもかなり躍進する。ユーティリティープレイヤーである、金子侑司選手の存在は非常に大きくしっかりと外野も守る事が出来るので、ショートは源田選手外野を金子侑司選手が守れば、同時に俊足ランナーをスタメンで使う事が出来る。これは非常に埼玉西武ライオンズに取ってプラスに働くのは間違いない。

遠投110Mを誇る強肩

金子侑司選手は遠投110Mを誇る強肩の持ち主である。非常に肩が強いので、外野の守備をもう少し磨けば守備範囲は必然的に広くなり外野の守備でもチームの勝利に貢献する事が出来る。走力は大きな武器であり、強肩も非常に大きな武器である。あそこに飛んだら無理だと思わせる事が出来る。肩が強いのも大きなアドバンテージと言える。得点抑止力を持っている。強肩を恐れてホームに突っ込めないシーンが多くなる。

<!–

2140564604939993201_3

–>

活躍する場

これからは外野で勝負した方が出場機会には大きく恵まれそうだ。活躍する場はチームから与えられるのではない。実力で奪いとるもの。プロ野球の世界とはそういうものである。実力勝負の世界。今までの成績は関係ない。毎シーズンが勝負になってくる。1年1年が勝負になってくる。今年は年俸がダウンするのは仕方がない。今年下がった分は来年倍増以上で取り戻せば良い。

アドバンテージに

その為には外野の守備をしっかりとソツなくこなし、しっかりと強肩を発動させれば相手チームに取っては非常に脅威な存在になってくる。強肩と言うのは本当に、大きなアドバンテージになる。強肩と言う事を相手チームに知らしめるだけで、相手チームの走者はかなり警戒するので、非常に大きい。

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA