北海道日本ハムファイターズ2018年年俸一覧

10位:有原航平
6000万円(2017)→7000万円(2018)(1000万円アップ)
プロ4年目有原航平投手。通算防御率は4.10と先発投手としては若干足りないものの、1年目から勝ち星を重ね、2016年2017年は二けた勝利しました。先発ローテーションも守っていますので、これらの活躍が年俸アップ要因です。最速154kmのストレートに複数の変化球で、今後は勝利に加え防御率アップも求められてきます。

9位:田中賢介
2億円(2017)→7500万円(2018)(1億2500万円ダウン)
プロ入り17年目大ベテランの田中賢介選手。日本での通算打率は2割8分2厘と好打率です。昨年はケガが蓄積疲労による出場試合数減や不調で年俸ダウン要因となっています。しかし、打率3割3分5厘を記録したことがあるなど高い実力持っていまして、メジャー経験もあります。持ち前の広角打法と選球眼で、田中選手の復調が日本ハム浮上には必要です。

8位:中島卓也
1億円(2017)→8600万円(2018)(1400万円ダウン)
プロ入り8年目を迎えます中島卓也選手。通算打率は2割4分1厘で、2015年の上り調子時より最近下降調子なのとケガにより2017年は91試合出場にとどまったのが年俸ダウン要因です。本来ならば、内角外角苦手なくコンパクトなバットコントロールでヒットを打てて、正確なスローイングが持ち味の軽快な守備もあります。盗塁も多く、復調が待たれます。

7位:マイケル・トンキン
1億2000万円(2018)(2017年秋入団)
来日1年目のマイケル・トンキン投手。最速151キロのフォーシームを中心にスライダー・シンカー・チェンジアップも併せ持ちます。メジャーリーグで様々な強打者と対戦し、抑えた時もあれば打たれた時もありますが、これらで培った経験とセンスが高額年俸要因で、投手台所事情が近年厳しい日本ハムを救ってほしいです。

6位:オズワルド・アルシア
1億3000万円(2018)(2017年冬入団)
来日1年目のオズワルド・アルシア選手。メジャーリーグでの通算打率は2割3分5厘で、二年連続二けたホームラン達成の記録があるなどパワーヒッターといえまして高額年俸要因です。日本人投手のストレートに複数の変化球を織り交ぜる独特のピッチングに慣れ、レアード選手のような強打者になり、日本ハム浮上に貢献して欲しいです。

5位:宮西尚生
2億(2017)→1億5000万円(2018)(5000万円ダウン)
プロ11年目を迎えるベテランの宮西尚生投手。日本球界での通算防御率は2.45と好数字を残しています。ただ2017年はちょっと調子を落とし防御率も落とし、年俸ダウン要因です。直球は剛速球ではないものの、サイドスローでバッターから見難いボールを投げて打ち取るスタイルで、日本ハムで貴重なセットアッパーの一人です。

4位:西川遥輝
1億円(2017)→1億6000万円(2018)(6000万円アップ)
プロ入り7年目を迎えます西川遥輝選手。通算打率は2割8分4厘と好打率なのと、2015年以降ほぼ安定してフル試合出場できていますのが年俸アップ要因です。追い込まれた時にミート中心の打法に切り替える等、打席中にバッティング方針を変えられるという器用なテクニックを持っています。俊足で併殺が少ないのも特徴です。

3位:中田翔
2億8000万円(2017)→2億円(2018)(8000万円ダウン)
プロ入り10年目ベテランに入ります中田翔選手。通算打率は2割5分2厘で、本来は爆発的なパワーを持った3割打てる選手ですが、ここ2、3年調子を落とし年俸ダウン要因です。3年連続100打点超えの記録も持っていまして、体勢を崩されても打球をスタンドまで飛ばせるバッティングセンスを持っていますので、中田選手の復調が日本ハムの浮上には不可欠です。

2位:ニック・マルティネス
2億円(2018)(2018年1月入団)
来日1年目のニック・マルティネス投手です。メジャーリーグでの通算防御率は4.77で、持ち球は最速150キロのフォーシームに、スライダー・チェンジアップ・カーブ・カットボールです。外国人投手ながら、力で抑えるよりは変化球も交えながら打ち取るタイプで、これ以上に安定した制球力による期待が高額年俸要因です。

1位:ブランドン・レアード
2億5000万円(2017)→3億円(2018)(5000万円アップ)
来日4年目ブランドン・レアード選手。日本球界での通算打率は2割4分2厘とそう高打率ではないながらも、いざという時やホームランが欲しいという時に、本当にホームランを打って相手投手を落胆させる力までもっています。これらの活躍ぶりと安定してフル試合に近い位、出場できている点が年俸アップ要因です。今後も活躍が期待されます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA