松本剛(日本ハムファイターズ)売り出し中!!俊足強打!!守備力向上を狙う!!

松本剛選手は、今シーズン能力が覚醒したフレッシュな選手。今後の活躍が非常に楽しみな存在。交流戦では、広島東洋カープの丸選手と激しく首位打者を争った。惜しくも交流戦首位打者には及ばなかったものの丸選手に続く打率2位の成績を残し、日本生命賞を受賞した。打撃が開眼した今季(2017年)は栗山監督も好んで起用している。主に外野手として出場しており、外野の守備に関しては、それ程不安な部分はないが、これから向上させていく余地は十分ある。打撃はこのままのスタイルを貫いた方が良い。変にフォームを改造しない方がいい。

松本剛(日本ハムファイターズ)プロフィール

生年月日1993年8月11日
埼玉県出身
帝京高等学校卒
甲子園出場歴あり
2011年ドラフト2位
年俸650万円
北海道日本ハムファイターズ所属

松本剛が売り出し中!!

今季(2017年)は4月23日に1軍登録されると、4月25日の福岡ソフトバンクホークス戦では、お化けフォークで有名な千賀投手から、スリーランホームランを放つなど、2本のホームランを放った。千賀投手からホームランを放った事は非常に自信になったと思う。以降交流戦からはレギュラー定着している。今季、北海道日本ハムファイターズが売り出し中の選手の1人。もう1人は読売ジャイアンツから移籍した太田選手。太田選手も北海道日本ハムファイターズにきてから一気に能力が開花した。

中距離バッター

松本選手もいい刺激になり、交流戦ではとにかく打ちまくった。広島東洋カープの丸選手と交流戦の首位打者争いを最後まで演じた。非常にバッティングセンスが良い選手。丸選手はセリーグ屈指の好打者。その選手と最後まで互角に渡り歩いたのは、大きな自信になった。どちらかと言うと長距離砲と言うよりは中距離バッター。あまり強引にホームランを狙いに行く必要はない。松本選手はしっかりこれまで練習に打ち込んできたのでその成果が表れている。練習は嘘をつかないと言う事。

自主トレを優先

非常に礼儀正しい選手で、先輩・後輩からも慕われている。成人式で帰省した際も同窓会を途中で退席し、翌日の金子誠選手との自主トレを優先させるほどである。一生に一度の成人式の日にまで先輩を立てる行動をする。そういった姿勢が先輩選手からも目をかけてもらっている。北海道日本ハムファイターズには、同じ帝京高校出身で先輩の杉谷選手がいる。杉谷選手はおちゃらけた性格で笑いを誘うタイプで松本選手とは対照的であり、同じ帝京高校出身とは思えないギャップがある。しかし、≪帝京魂≫は持っている。

俊足強打!!

松本選手は俊足で強打のバッター。先述の通り長距離砲ではなく中距離バッター。将来的に安定してホームランを毎年20本前後打てるバッターになる可能性が高い。盗塁もテクニックを磨けばある程度の盗塁は決める事が出来る。盗塁もでき大きなのも打てる俊足強打のバッター。イメージ的には守備力を除けば、読売ジャイアンツにFA移籍した陽選手にタイプは似ている。足で稼ぐヒットも非常に重要になってくる。

打球を捕らえる事

右バッターなので、左バッターよりも1塁到達までは時間がかかる。これは右バッターは全て同じ条件なので仕方がない。完璧なヒットを打てば、ギリギリセーフと言う事はないので如何に芯で打球を捕らえる事が出来るかが重要になってくる。しっかりミートポイントを持っている選手なので、ぶれない限りは問題がないこれがぶれてくると少し問題になってくる。普通にやっている分にはぶれる事はないだろう。これがぶれてくると問題発生。

ミートポイントの修正

これから、キャリアを積んでいく中で松本選手も壁にぶつかる事があるはず。その時にミートポイントの修正をする時が来る。スランプに陥るとミートポイントが少し前だったりする事がある。本当に少しの誤差でプロ野球選手は大きく成績が変化する。僅か1秒でボールが投手から投げ込まれる。それをストレート、変化球と打ち分けるのは簡単な事ではない。かなりの技術がいる。簡単そうに打つのがプロの技術。本当は物凄い高いテクニックを使って、投手も打者も対戦している。

守備力向上を狙う!!

松本選手に死角があるとすれば、守備力だろう。本来は内野手だが、2軍で失策する事が多く、守備の面で不安を抱えているが、1軍では、外野練習を徹底的に強化し、外野のレギュラーポジションをほぼ奪取した。あとは、外野の守備力を更に磨いて、1軍でも守備でも食べていけるような選手になるのが理想的。内野も外野も基本は同じだが、実際にポジションに付くと内野と外野では動きが全く違う。

内野手はバント処理や連携プレーなどあるが、外野手はそういった細かい作業はない。飛んできたボールを如何に早く、内野に返球するかが1番重要なのと、イージーフライを落球しないこと。これが非常に重要になってくる。しっかりと守備力を上げておけばどれも問題ないプレー。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA