谷元圭介(日本ハム)チームを支えるセットアッパー!!入団テストで合格!!投げっぷりが良い!!

谷元圭介選手は、北海道日本ハムファイターズの貴重なセットアッパーの1人。テスト入団で日本ハムに入団した苦労人でもある。その分、勝負根性は人一倍強い。身長は167センチとプロ野球選手のなかではかなり小柄ながら、最速150キロのストレートを投げ込む。平均は140キロ中盤。変化球も多彩ながら、カーブを1番得意な球種としている。マウンド度胸がとにかく満点の投手。ここまでマウンド度胸が据わった投手はなかなかいない。プロ野球で生き残る為にはこれ位ストイックなくらいで丁度いい。

<!–

2150146133465713901_1

–>

谷元圭介(日本ハム)プロフィール

生年月日1985年1月28日
三重県出身
三重県立稲生高等学校→中部大学→バイタルネット
甲子園出場歴なし。
2008年ドラフト7位
年俸1億円
北海道日本ハムファイターズ所属

チームを支えるセットアッパー!!

北海道日本ハムファイターズには欠かせないセットアッパー。クローザーの増井投手に繋ぐ重要な役割を担う。外国人選手がクローザーを務める時は、増井投手と共にセットアッパーとして2枚看板になる。北海道日本ハムファイターズの中継ぎ陣の双璧をなしている。今年は、増井選手が抑えに回ったのでセットアッパーの中心的役割を担っており球団からの期待が非常に高い。ここが谷元圭介投手に対しての信頼度のあらわれである。

<!–

2150146133465713901_38

–>

重要な役割をこなす投手

身長167センチと小柄ながら、ストレートは最速150キロを誇る。多彩な変化球を操るが、カーブを投げる事が多い。追い込んだ後は縦の変化球を駆使する。平均球速でも140キロ中盤が出る。非常に北海道日本ハムファイターズに取っては重要な役割をこなす投手なので、他の球団には絶対に獲られたくない選手。その為、実績で勝ち取った部分が多いがテスト入団してプロ野球選手なり今季の年俸は1億円である。諦めない事が重要と言う事を示してくれた投手でもある。今後も、谷元圭介投手のように、成り上がるプロ野球選手が出て来るか注目である。

コントロールに自信を持っている

そしてとにかく積極性があり、これが投手としては裏目に出る事もあるが、谷元圭介投手の場合は良い結果に繋がっている。投げ急ぐわけではないが、ストライクをポンポンと取って投手有利のカウントに持って行ってしまう。ここが最大のセールスポイント。無駄なフォアボールは先ず出さない。コントロールに自信を持っている選手。プロ野球選手として非常に投手の生命線とも言えるコントロールが良い。非常にカウントを有利にするのが上手い投手。

これ以上ないセットアッパー

自分有利のカウントを作ってしまうのでバッターはあっという間に追い込まれてしまい、狙い球を考えている間にツーストライクを取られてしまう。非常に効率の良い投手である。バッターからすれば打席に立つ前から狙い球を絞っておかないといけない。非常に厄介な投手の一人。北海道日本ハムファイターズからすればこれ以上ないセットアッパーの要件を満たしているので、安心して送り出す事が出来る

入団テストで合格!!

野球センのキャリアとしては非常に地味で、所謂エリート街道を歩んでいない。全くの無名投手と言っても良い存在。その為、日本ハムの入団テストを受ける事になり見事合格した。プロ野球の入団テストで合格するのはかなりの難関と言える。そこをクリアしただけの事はある。今では北海道日本ハムファイターズに欠かせないセットアッパーになっている。この座は譲り受けたものではない。自分の力でもぎ取ったものである。

ドラフト7位

非常に苦労人で、入団テストに受かりドラフト7位で入団。球団も獲得した以上は当然期待をするが、正直ここまでの投手になるとは予想していなかった事だろう。しかし、現実に成績を残している。正に論より証拠の選手である。有言実行が出来る投手。非常に力強いボールを投げ込む。パリーグの強打者相手でも臆する事は全くない。ズバズバ攻めていく。内角も外国人選手でもお構いなし。ドンドンついていく。これくらいの気持ちがないと打たれる。

投げっぷりが良い!!

とにかく谷元圭介投手の投球は非常に見ていて爽快な気分になる。ビシバシどんな強打者が相手でもストライクを取っていく。三振でアウトを取るタイプではなく打たせて取るタイプの投手。非常にタイミングを外すのは上手い投手である。投手として自分に求められている事が分かっている投手。セットアッパーの役割はとにかくリードしてクローザーに繋ぐ事であるリードをきっちり守ってクローザー後は託す。

ストレートに切れ

谷元圭介投手はぐいぐい攻めていくタイプの投手。バッターもあまり対戦したくない投手。打席ではスピードガン表示以上にストレートは速く感じるタイプの投手。スピードガンで143キロとバックスクリーンに表示されても150キロくらいに感じるバッターは多い。スピードガンの数字が全てではない。ストレートに切れがあれば当然打ちにくくなってくる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA