田中賢介(日本ハム)広角打法!!全力疾走!!5年連続ゴールデングラブ!!

田中賢介選手はファンからのに人気が非常に高い、田中賢介選手。やはりメジャー移籍後、帰国し、北海道日本ハムファイターズと直ぐに契約した「男気」にファンは心を打たれた人も多い。北海道日本ハムファイターズを心の底から愛する、田中賢介選手。ファンからも愛される選手です。非常にシャープな打撃をするアベレージヒッターでもあり、綺麗に流し打ちする事もある。俊足の選手で、コンスタントに盗塁数を重ねている。守備力にも定評があり、非常にソツのないレベルの高い選手の一人。

<!–

2141230947637287501_20

–>

田中賢介(日本ハム)プロフィール

生年月日1981年5月20日
福岡県出身
東福岡高等学校卒
甲子園出場歴アリ
1999年ドラフト2位
年俸2億円+出来高
北海道日本ハムファイターズ所属

田中賢介(日本ハム)広角打法!!

非常にシャープな打撃が持ち味。北海道日本ハムファイターズが誇るクラッチヒッターである。右投手の左投手もどちらも苦にしないので、相手は終盤のピンチで、左投手を送りこんで来るが全く動じる事はない。広角打法でキレイに右に左に打ち分ける。強引な打撃は殆どしない。その為、アベレージが残せる。ここで強引な打撃をしてしまうとアベレージは残らない。ここまでシャープな打撃をすると投手は非常に厄介なバッター。

<!–

2141230947637287501_32

–>

得点圏での打率が高い

本当にヒットを打つ時はいとも簡単に打ってしまう。勝負強く得点圏での打率が高い。思い切った打撃をする。迷っても仕方がないと言う気持ちもあるのだろう。自分自身で後悔をしないような打撃をこころがけている。こういった姿勢は若手選手のお手本になる。北海道日本ハムファイターズは若い選手が多いチームベテランのこういった姿勢に刺激を受ける選手も多い。チームとしては非常に良い好循環で回っている。

選球眼がよい

選球眼も良く、ボール球に手を出す事が少ない。相手バッテリーの誘いに中々乗ってこない。追い込んでも簡単には打ち取れないバッター。ファウルでカットしている間にタイミングが合い、ヒットを打つケースもある。とにかく選球眼がいいので、微妙な球はカットし、誘い球のボール球を我慢する。ここが大きい相手バッテリーとすればこの球を振らなかったらストライクゾーンで勝負せざるを得ない。こうなると、田中賢介選手が断然有利になる。

60前後の送りバント

チームに貢献する野球をする選手で、進塁打を打ったり・送りバントをするなど、積極的にチームプレーをする1年間に60前後の送りバントを決めていた時期もあり非常に送りバントが上手い。チャンス拡大をする時に送りバントを苦手にする選手もいる。しかし、田中賢介選手は一発で送りバントを決めてしまう。相手が猛チャージしてきても全く動じる事はない。相手がどれだけ送りバント阻止のシフトをひいて来てもキチンと送りバントを決める。

田中賢介(日本ハム)全力疾走!!

とにかくどんな当たりでもファーストまで全力疾走する。流したりはしない。必ずフライを打ちあげても全力疾走する。全力疾走をしない時はインフィールドフライの時だけ。このシーンの場合インフィールドフライが宣告された時点でバッターはアウトとなる。その為、どんなに全力疾走してもセーフにならないこの時ばかりは仕方がないが宣告されるまでは全力疾走する。今の若い選手は全力疾走する事を怠る選手が多い。

1塁への全力疾走

そんな中、しっかりと全力疾走するのが、田中賢介選手若手もベテラン選手がこれだけ全力疾走すれば、自然と全力疾走する選手も増えて来る。チームの雰囲気が大きく変わって来る。それだけ全力疾走と言うのは当たり前のプレーではあるが怠る選手が多い。少年野球の選手に悪影響を与えるプレー。1塁への全力疾走は故障していない限り当然の事である。

野球の基本中の基本

全力疾走すれば何が起こるか分からない。少しそれただけで、送球を焦り送球をミスしセーフになる事もある。全力疾走していなければ楽々アウトにされてしまう。それを阻止する力があるのが、全力疾走です。野球の基本中の基本これが出来ないといけない。出来て当たり前のプレー。しかし、当たり前のプレーが出来ない選手がプロ野球の世界では多すぎる。しっかりと、やれるべきことをしておかないといけない。先ずは基本が重要。

田中賢介(日本ハム)5年連続ゴールデングラブ!!

2006年から2010年までの5年間パリーグのセカンドで5年連続でゴールデングラブ賞を獲得。その守備力にはかなり定評があります。セカンドの守備範囲が非常に広いです。いとも簡単に打球をさばいているように見えますが、実際は際どい打球をギリギリのプレーでアウトにしています。流石はゴールデングラブ賞を獲得しています。5年連続でゴールデングラブ賞に輝く守備力はチームに取って大きな力になります。

簡単にゴールデングラブ賞は取る事は出来ません。それを5年連続で獲得してしまうのですから、相当守備力が高いです。練習の賜物と言えます。

<!–

2141230947637287501_24

–>

<!–

2141230947637287501_25

–>

<!–

2141230947637287501_26

–>

<!–

2141230947637287501_27

–>

<!–

2141230947637287501_28

–>

<!–

2141230947637287501_29

–>

<!–

2141230947637287501_30

–>

日本ハムが、レンジャーズ3Aから自由契約となっている田中賢介内野手(33)を獲得することが2日、分かった。

<!–

2141230947637287501_2

–>

水面下で交渉しており、既に年俸など条件面の最終調整に入っているもよう。近日中に基本合意に達する見込みだ。7月に自由契約になって以降、他国内の複数球団が興味を示していたが最終的に、愛着ある日本ハムを選んだようだ。

<!–

2141230947637287501_3

–>

レンジャーズは20日、傘下3Aラウンドロックに所属する田中賢介選手を、本人側の希望もあり自由契約にしたと発表した。今後は日米全球団との交渉が可能になる

<!–

2141230947637287501_6

–>

◆13年1月 ジャイアンツとマイナー契約。

 ◆13年2月 ジ軍春季キャンプに招待選手として参加。オープン戦19試合で打率2割2分9厘、7失策。傘下3Aフレズノで開幕。

 ◆同7月9日 メジャー昇格。32歳1カ月のデビューは日本人野手で田口壮(32歳11カ月)に続く2番目の高齢。

 ◆同7月29日 前年優勝チームの恒例行事としてワシントンのホワイトハウスを表敬訪問し、オバマ大統領と対面。その後にマイナー行きを通告される。メジャー出場15試合。

 ◆同9月2日 3Aフレズノで、パシフィックコーストリーグの打率3位(3割2分9厘)でシーズンを終える。同月に自由契約。

 ◆同12月20日 レンジャーズとマイナー契約。

 ◆14年2月 レ軍春季キャンプに招待選手として参加。オープン戦14試合で打率2割2分2厘、1打点。3月17日にマイナー行きが決まり、開幕は傘下の3Aラウンドロックで迎える。

 ◆同7月20日 レ軍が、3Aラウンドロック田中の自由契約を発表。3Aでのシーズン成績は62試合出場で打率2割5分8厘、4本塁打、27打点。

<!–

2141230947637287501_9

–>

田中はメジャー挑戦2年目。今季からレンジャーズとマイナー契約を結んだが、招待選手として参加したスプリングトレーニングで打率.185と結果を残せず、3Aでも62試合に出場し、打率.258、4本塁打、27打点の成績で昇格を果たせなかった。

<!–

2141230947637287501_11

–>

米ジャイアンツとマイナー契約してスタートした1年目の13年はメジャー15試合に出場。専門だった二塁守備にも苦しみ、左翼手に転向するなど打開策を模索したが、ほぼマイナー暮らしに終わった。レ軍と同契約をした今季は1度もメジャーに昇格できず、7月に自由契約となり、今後の身の振り方を検討していた。

<!–

2141230947637287501_12

–>

田中は2000年ドラフト2位で東福岡高から日本ハムに入団。攻守で06年日本一と4度のリーグ優勝に貢献した。06年からは5年連続でゴールデングラブ賞を受賞。

通算成績は1079試合で打率2割8分6厘、39本塁打、325打点。

<!–

2141230947637287501_15

–>

13年を過ごした日本ハムについて問われると「心の底から感謝の気持ち。引き留めていただき、最後は尊重してくれた。北海道から巣立っていく感じで行こうと思っている」と号泣。

<!–

2141230947637287501_18

–>

栗山監督の就任1年目のパ制覇に貢献した12年オフ。海外フリーエージェント(FA)権を行使して、メジャーへ挑戦した。3年契約を1年残して破棄。球団側も功労者だけに、思いに理解を示して容認した。

<!–

2141230947637287501_21

–>

「球団は『いつでも帰ってきていいよ』と言ってくれた。その言葉だけでありがたいけど、帰ってくる選択肢はない。覚悟してます」

<!–

2141230947637287501_22

–>

日本ハム時代の象徴の背番号「3」は現在、空き番号となっており、球団側も万全の受け入れ態勢は整っている。

<!–

2141230947637287501_23

–>

金子誠が引退するなど世代交代が進む、若手主体の内野手陣のリーダー的存在。また野球に対するストイックな姿勢など、周囲へ波及するプラス効果も加味すれば「大型補強」といえそうだ。

<!–

2141230947637287501_33

–>

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA