大田泰示(日本ハム)能力覚醒!!足も速い!!中田翔との関係は!?

大田泰示選手は、鳴り物入りで読売ジャイアンツに入団したものの、2軍では結果を出すものの1軍では結果が出ず。足が速く2軍戦では盗塁も数多く決めてきた。走れる大砲として読売ジャイアンツは大いに期待しものの結果が中々です、2016年に4本のホームランを放ったのが1年間で最多のホームランだった。トレードで日本ハムへ移籍後は、前半戦だけで10本のホームランを放ち、読売ジャイアンツ時代の通算ホームラン数9を、前半戦だけで超した。日本ハムで暴れまわる予感を感じさせる前半戦だった。

大田泰示(日本ハム)プロフィール

生年月日1990年6月9日
広島県出身
東海大相模高校卒
甲子園出場歴なし
2008年ドラフト1位
年俸2100万円
北海道日本ハムファイターズ所属

大田泰示(日本ハム)能力覚醒!!

読売ジャイアンツから北海道日本ハムファイターズに移籍してからそれまでの重圧から解放され一気に能力が覚醒した。今までの重圧は相当大きかった。読売ジャイアンツと言う、球界の盟主の球団で注目度は他のチームよりも断然高かった。しかし、その重圧を乗り越えなければ読売ジャイアンツで活躍するのは不可能。正直、読売ジャイアンツではその重圧に勝つ事が出来なかった。気分転換にもなる良いトレードだったと思う。

広くフェンスも高い

北海道日本ハムファイターズの本拠地札幌ドームは東京ドームよりかなり広くフェンスも高い。ここを本拠地にしてホームランが量産出来れば本物。大田泰示選手は、前半戦だけで10本のホームランを放った。完全に一皮剥けた。これが待ち望んでいたバッティングだった。読売ジャイアンツでは出来なかったバッティングが北海道日本ハムファイターズに来てからはしっかり打てるようになった。大きく成長しているシーズン。

きっちりと結果

能力は完全覚醒したと言っても良い。パリーグの投手陣も良い投手が多いそんな中きっちりと結果を残している。その舞台は間違いなく1軍の舞台だ。読売ジャイアンツにしてみればもう1年待てばよかったと思う部分もあるが読売ジャイアンツだったら果たして同じ位の活躍が出来たかは疑問が残る。新天地の北海道日本ハムファイターズで能力は花開いた。

ハムファイターズで能力覚醒

読売ジャイアンツでは、恐らくこの成績を残していないだろう。新天地の北海道日本ハムファイターズで能力覚醒。このトレードの賜物と言える。1番移籍先であっている球団だったと思う。またセリーグからパリーグに移籍したのも非常に大きい。セリーグもパリーグも同じプロ野球に変わりはないが、投手の攻め方が違うと昔からよく言われている。実際はそんなに大きな差はないと思う。

大田泰示は足も速い!!

大田泰示選手は、長距離砲でありながら足が速い選手。未知の可能性を秘めている。今年は盗塁企画1回で失敗に終わっていますが、盗塁の技術を磨けば1年間で20盗塁は楽に出来る様になると思います。それだけセンスが良い選手です。盗塁だけは足が速いだけでは決める事が出来ません。盗塁はテクニックが重要になってきます。その為、相手投手の癖も研究しなければいけません。

クィックモーション

盗塁が決まればチャンスは一気に拡大します。このチャンスはしっかりものにしたいですね。1軍にいる時にしっかりマスターしたいですね。人から教わって出来るものではありません。自分でリードオフの幅や相手投手のクィックモーションなども頭にいれなければいけません。どんなに盗塁技術に長けている選手でもスタートを切りにくい投手も中にはいます。

ギャンブルスタート

どんなに足の速い選手でも盗塁を仕掛ける事の出来ない投手。するなら一か八かのギャンブルスタートになります。そうでもしないと癖のない投手から盗塁は出来ません。しっかりと盗塁を決めるには、しっかりと盗塁技術も高めておく必要があります。盗塁技術を全く持っていない選手は、盗塁はほぼ全部失敗に終わる確率が高くなります。足が速い選手なら少しは何とかなりますが、それでも盗塁技術を身につけておくに越した事はありません。

大田泰示と中田翔との関係は?

北海道日本ハムファイターズの主砲中田翔選手には弟分のように可愛がってもらっています。非常に気が合うのでしょう。中田翔選手は見た感じは怖い感じはしますが、先輩選手には非常に礼儀正しい一面を持っています。後輩選手からは慕われています。大田泰示選手はかなり中田翔選手に北海道日本ハムファイターズに移籍した当初から目をかけてもらっています。

頼れる兄貴分

新しい球団で環境に慣れない中、中田翔選手が率先して食事に連れて行ったりしているようです。大田泰示選手にしいてみれば、中田翔選手は非常に大きな存在である事は間違いありません。かなり中田翔選手には可愛がってもらっています。移籍していて慣れない分をしっかりとカバーしてあげる中田翔選手は大田泰示選手からしてみたら頼れる兄貴分といったところです。この様な選手間の関係は非常に大きいものがあります。

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA