斎藤佑樹(日本ハム)ハンカチ王子!!大学進学は正しい選択だった?伸び悩むも首脳陣の期待は高い!?

斎藤佑樹投手は、甲子園の優勝投手であり、汗をハンカチで拭くことからハンカチ王子の愛称で親しまれた。甲子園での駒大苫小牧戦の伝説の決勝戦がクローズアップされるが、そこに辿り着くまでが大変だった。早稲田実業学校は西東京に所属し、強豪校がひしめく。特に苦しめられたのが日大三高である。

出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_0)

日大三高には最初は2年夏の都大会で、ホームラン3本を浴びコールド負けの屈辱を味わっている。2年秋の都大会では再び日大三高が立ちはだかるが、見事完封勝利をおさめ雪辱を果たす事に成功した。3年夏の西東京大会ではみたび、決勝の相手が日大三高。壮絶な延長戦を制し、甲子園出場を決めた。

甲子園では駒大苫小牧の3連覇を阻んだ。2回戦では大阪桐蔭高校
と対戦し、中田翔を4打数ノーヒット。3三振を奪いこの時点で格の違いを見せつけた。駒大苫小牧とは再試合の末4対3で勝利し早稲田実業は優勝を果たした。

斎藤佑樹プロフィール

1988年6月6日
群馬県出身
早稲田大学卒
甲子園出場歴アリ(優勝投手)
2010年ドラフト1位
年俸2000万円
北海道日本ハムファイターズ所属

斎藤佑樹ハンカチ王子!!

高校時代は甲子園で汗を拭く時にハンカチを使用する事から「ハンカチ王子」と呼ばれた。当時から非常に女性ファンが多かった。熱狂的なファンもいるほどで、甲子園球場はまるでアイドルのコンサート会場の様に思える程、若い女性が多く詰めかけ、早稲田実業戦は客入りが良かった。

出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_1)

ドル箱カード

阪神甲子園球場としても、思わぬところでドル箱カードが生まれた事により入場料金収入が大幅に増えた。外野席は無料で開放する為、朝早くから、早稲田実業の試合の時は真夏だと言うのに長い列が出来た。関西地区の高校が出ると観客数は多くなるが、関東の高校の試合でこれだけの入場者が詰めかけたのは異例だった。

早稲田実業の大先輩投手で、元祖アイドル投手だった荒木大輔氏を彷彿させる人気ぶりだった。その人気は日増しに増していき、斎藤佑樹投手が使用しているハンカチメーカーには問い合わせが殺到した。一時期オークションで1万円以上の高値で取引されていた程、「ハンカチ王子」フィーバーは過熱した。

出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_4)

田中将大投手と互角の投げ合い

実力も文句なく、後の楽天の大エースで現在メジャーリーグでも大活躍している、駒大苫小牧のエースだった、田中将大投手と互角の投げ合いを演じた。高校卒業後はプロか大学進学かが大きな注目を集めたが、最終的には早稲田大学進学を表明し、早稲田大学に進学した。本人も葛藤があったが大学進学を決心した。

斎藤佑樹大学進学は正しい選択だった?

大学進学は正しい選択だったと思う。田中将大投手が高卒1年目で10勝を挙げる活躍を見せたので、斎藤佑樹投手もプロ入りしていれば同じ位の活躍が出来たのではないかと思われたが、田中将大投手と斎藤佑樹投手ではタイプが全く異なる。同じ結果が出る保証はどこにもない。

出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_3)

高卒でプロ入り

大学時代に東京6大学で30勝300奪三振を記録している様に大学野球の世界でもしっかりと結果を出している。これだけの結果をだしているのに、プロで結果が思った様に出ないからと言って高卒でプロ入りしておけばよかったは、余りにも無責任な発言であり、完全に後付けの話であり、正当性に欠ける論議。

出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_6)

超満員

早稲田大学でも1年の時から大活躍し、プロ野球の試合でもここまでの人が集まる事は滅多にない36000人を神宮球場で動員している。大学野球で36000人を動員する事は極めて異例で、神宮球場は立錐の地なしの状態だった。超満員とはまさにこの事で、プロ野球ヤクルトスワローズの試合でもこれだけの観客を動員する事は少ない。

斎藤佑樹伸び悩むも首脳陣の期待は高い!?

大学卒業後プロに入ってのキャリアハイは1年目の6勝と伸び悩みが続いているが、持っているポテンシャルは相当高いので一つのきっかけで大きく変わる可能性のある投手だけに首脳陣も毎年大きな期待をしている。2軍戦で完璧な投球を見せて、1軍にあげて投げさせると結果が出ない悪循環が続いている。

出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_2)

滅法強いハート

また、2軍の試合でも時折、大炎上する事がある。毎回ではないのでそれだけが救いではあるが、これだけの高いポテンシャルを持った投手がどうしてここまで伸び悩んでしまっているのか?非常に不可解である。大舞台には滅法強いハートを持っている投手なので、何が問題なのかが分からない部分が多い。

少しプロに入って、プレッシャーに弱くなった事も考えられる。しかし、ここまで高校・大学とマスコミの取材攻勢にあって来た選手がプロ入りした途端、いきなり委縮するとは考えられない。本当にきっかかけが欲しい。きっかけ一つで大きく変わる可能性が十分ある。このポテンシャルを眠らせておくのは勿体ない。

出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_5)

2桁勝利は簡単に挙げられる

磨けば幾らでも輝くダイヤの原石だ。斎藤佑樹投手本人ももどかしいだろうが、首脳陣ももどかしい。そしてファンももどかしい。吹っ切れてくれれば、2桁勝利は簡単に挙げられるポテンシャルは持っている。

斎藤佑樹選手画像

出典:http://headlines.yahoo.co.jp (2133742209107473101_7)
出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_8)
出典:http://www.iza.ne.jp (2133742209107473101_9)

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA