鈴木翔太(中日ドラゴンス)素晴らしいストレート!!今季能力開花!!将来のエース候補!!

鈴木翔太投手は中日ドラゴンズ期待の若手投手の一人。2013年のドラフト1位。将来性が非常に高い投手。ストレートが糸を引くようにキャッチャーミットにおさまる。先輩投手吉見投手が素晴らしい球と絶賛するほど、非常に伸びのあるストレートを投げ込む。この投球が遂に今季‘(2017年)1軍で開眼した。非常にストレートに伸びがあるので変化球が生きて来る。カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップを投げ分ける。ストレートに伸びがあるので思わず、スライダーはボール球と分かっていても振ってしまう。ストレートに伸びがあるのは非常に大きなアドバンテージなっている。

鈴木翔太(中日ドラゴンス)プロフィール

生年月日1995年6月16日
静岡県出身
聖隷クリストファー高等学校
甲子園出場歴なし
2013年ドラフト1位
年俸450万円
中日ドラゴンズ所属

素晴らしいストレート!!

ブルペンで投げるボールは天下一品の物があるその投球内容をみたエースの吉見投手が素晴らしい球と絶賛する程完成度は高い。このストレートは大きなアドバンテージになる。勝負をプロでかけられるストレート。どんなに素晴らしいストレートでもプロの世界ではストレート1本では通用しない。そこには鈴木投手の場合は、カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップを投げる。何れも勝負球に使える球。これだけ決め球に出来る変化球があると、バッターからすると絞り込むのが難しい。

ストレートが勝負

ストレートの評価は森監督からも非常に高い評価を得ており、非常に大きなアドバンテージに今後なっていく。ストレートは投手に取って1番の生命線と言える。これは先発・中継ぎ・抑え投手すべてに共通して言える事。ストレートなくして投球は成り立たない。草野球ならまだしも、プロ野球の世界では必ずストレートは必要になって来る。変化球投手でもストレートは必ず投げる。ストレートがない勝負は存在しないと言っても良い。

18番と言えばエースナンバー

鈴木投手の背番号は18。プロ野球界で18番と言えばエースナンバーだ。このストレートは今後、中日ドラゴンズの優勝争いをする年もそうだが、鈴木投手の代名詞的存在と言えそうだ。昨季【2016年】まで勝利を1軍で挙げられなかったが今季(2017年)はシーズン途中からローテーションの一角を担っている。ストレートが遂に本格的にベールを脱いだ。森監督曰く≪良い鈴木君と知らない鈴木君がいる≫と好不調の波が激しい事にユーモアを交えて語ってくれている。良い鈴木君で毎回いれくれるに越した事はない。

今季能力開花!!

いよいよ今季能力が開花して先述の通り、ローテーションの一角をシーズン途中から担っている。1番年俸の低いローテーション投手。来季(2017年)は年俸が大幅にアップしそうだ。年俸がどれくらいアップするかは今後の活躍次第だが、3倍増の1600万円前後が予想される。ストレートは評判通り走っている時は糸を引くようにキャッチャーミットにおさまる。少しボールかな?と思う球も審判はストライクと思わずコールしてしまう。それ程伸びがある。

凄い伸びのある球

バッターも非常に打ちにくい球。テレビでみていても凄い伸びのある球だと言う事が分かる。正しく糸を引くような球と言う言葉がぴったりの球。今季は初勝利も挙げ、8月2日現在5勝4敗防御率4.22。勝ち星は先行しているが、防御率は改善しなければいけない。これが森監督のいう≪良い鈴木君と知らない鈴木君がいる≫と言う部分の事だろう。少し防御率が高い。せめて、3点台にしないといけない。今季(2017年)が1軍で投げ始めた実質的な年なので、3点台前半以上が理想だが、今季(2017年)は経験を積む年。

最後までローテーション投手で

そういった意味では多少、防御率の悪い点は目を瞑る事が出来る。ローテーションの一角をシーズン途中から担っているので、最後までローテーション投手で終わらせたい。なかなか大変な事ではあるが非常に良い経験になっている。今季はチームは下位に沈む中ニュースター候補が出てきたのはチームに取って明るい材料。鈴木投手が勝てば勝つほど、地元名古屋は盛り上がる。鈴木投手の活躍は地元名古屋では嬉しい話題の一つ。本当の勝負は来季(2018年)になる。

将来のエース候補!!

間違いなく、中日ドラゴンズの将来のエース候補である。活躍を出来る素材は十分持っている。今季(2017年)1軍のレベルを痛感した事によって上には上がいる事が分かったと思う。チームには良い投手がたくさんいる。お手本になる投手もいるので、質問責めをして、良いところをたくさん聞いて、自分の物にすればいいと思う。しっかりと自分の投球に磨きをかければ、勝ち星も量産出来る投手になるはず。持っているポテンシャルはA級素材なのは間違いない。

今後は中日ドラゴンズのエース投手としての活躍が期待される。しっかりエースに鈴木投手がなる事が出来れば中日ドラゴンズは強くなる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA