ビシエド(中日ドラゴンズ)右の大砲!!阪神キラー!!フリースインガー!!

ビシエド選手は、昨季(2016年)に中日ドラゴンズに加入。開幕3連戦で3試合連続アーチを放ちファンのド肝を抜いた。新外国人選手としては初の快挙であった。このカードは12打数8安打と打ちまくり、中日ドラゴンズファンは大きな期待を寄せた。3月・4月の月間MVPに輝いた。3月は試合数が少ない為、3月と4月の成績優秀者に贈られる。3月4月の連続受賞ではない。分かりやすく書くと、4月の月間MVPと思えば良い。これなら間違えた認識をする人もいないだろう。とにかく4月は打ちまくった。ファンの期待は高まる一方だった。

<!–

2146092330452357701_1

–>

ビシエド(中日ドラゴンズ)プロフィール

生年月日1989年3月10日
キューバ出身・アメリカ国籍
年俸1億7000万円+出来高
中日ドラゴンズ所属

右の大砲!!

中日ドラゴンズは右の大砲の獲得が非常に上手な球団である。球界一野手外国人の獲得が下手な球団と言われている読売ジャイアンツとは大きな差である。なかなか、各球団によって、外国人選手の獲得方針が違うので何とも言えないが、中日ドラゴンズは右の大砲を獲るのが非常に上手い。ブランコ・タイロンウッズなど長打力と確実性が伴っている外国人選手を獲得するのが特にうまい。左のバッターはそれほどでもないが右の大砲となると一流レベルの外国人を獲得する。

鮮烈なデビュー

ビシエド選手は鮮烈なデビューを飾り、一躍、全国のプロ野球ファンにその名前を売りつけた。4月は非常に好調だった。外野手登録ではあるが、守備位置はファーストである。その為、森野選手が弾き出された形になっている。ビシエド選手のシーズン序盤は絶好調だった。が、徐々に調子が下降し、15試合連続ホームランなしなど、夏場にかけて調子を崩し、交錯プレーで故障も発生するなどついていない部分もあった。40本前後のホームランが期待されたが昨季(2016年)は22本にホームランはとどまった。

打率が低迷

今季(2017年)は昨年以上の活躍が期待されているが、エンジンのかかりが遅く打率も低迷しかし、チームが打ちあぐねているエース級の投手やクローザーから完璧なアーチを放つなど掴みどころがない選手である。簡単に打てそうな投手には全くタイミングが合わなかったりと難易度の高い投手を攻略するのを得意としている反面何故か打ちやすい投手を打てない時がある。非常に勿体ない。しかし外国人選手特有のものと言える。

年俸はダウンが濃厚

今季(2017年)は打率が7月24日現在240しかない。最低270は欲しい。ホームランは15本。このまま故障しなければ昨年の22本を更新するのは間違いなさそうだが、打率をあげない事には来季の契約を中日ドラゴンズは結ばない可能性がある。中日ドラゴンズは非常に契約に関してはシビアなので、このままだと契約を結ばない可能性が高い。ここは一皮剥けないと来季の契約は結んでくれても年俸はダウンが濃厚。

ビシエドが阪神キラー!!

阪神タイガース戦と非常に相性が良く、阪神戦の成績は打率377・ホームラン7本。打点20.であった。22試合で打点20。毎試合打点を挙げているようなものである。打率もシーズン打率が、274なので1割以上も高い。阪神戦の打数は、77打数29安打である。阪神戦で打率とホームランを荒稼ぎし、打点も68打点の内20打点を阪神戦で荒稼ぎする、阪神キラーぶりを発揮している。阪神投手陣にしたら顔も見たくない選手。出来る事なら勝負はしたくないレベルの数字が残っているバッター。

今年はそこまで突出した数字を残してはいない。今年は得意としている球団が特にない。阪神も昨年あれだけ打たれたら当然研究をしてくる。研究をしないで丸腰で戦うと先ず間違いなく昨年の二の舞になる。当然、2年連続でそんな事をされたら堪ったものではないので、今シーズンはしっかり対策を練ってきている。阪神はAクラス安泰とも言えない、横浜ベイスターズが直ぐ後ろまできている。そして7月は反攻を開始した巨人までがAクラスの圏内。その為、ビシエドに去年のように打たれる訳にはいかない。

ビシエド選手も攻め方が昨季(2016年)と今季(2017年)では全然違うと言う事を当然感じているはずなので、前半戦抑えられた分は、後半戦で巻き返したい。

フリースインガー!!

ビシエド選手曰く、外のボールになる変化球は分かってはいるが振ってしまうち言う所謂フリースインガーである。この思い切りの良さが豪快なホームランにも繋がっているが、豪快なスイングで空振り三振に終わる事もある。フリースインガーではあるものの、三振数はそれ程多くない。メジャー時代よりもかなり改善されてきている。フリースインガー状態から脱却しつつある。

直ぐに完璧に直せるわけではないが日本野球で成功する為にはフリースインガーをやめないといけない。なんでもかんでも外の球に手を出していたら三振はしなくてもカウントを整えられてしまう。この辺りは要注意である。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA