ロメロ(オリックスバファローズ)待ちに待った長距離砲!!既に来季は契約済み!!アベレージも残せる!!

ロメロ選手はオリックスバファローズが待ちに待った長距離砲です。オリックスの外国人選手の野手で直取りした選手で成績が1年目から良い選手は非常に珍しいです。大体オリックスバファローズが獲得した外国人野手は思った様な成績を残していません。その点、ロメロ選手は故障で1か月少し離脱期間がありましたが、8月23日現在278・22本・51打点とホームランは大台の30本に最終的に何とか届きそうです。

故障離脱の期間がなければ、間違いなくホームランは30本の大台をクリアしていたと思います。故障はつきものですからね、プロ野球の世界は。まして交錯プレーは仕方がないですね。本来ないに越した事はありませんが、不可抗力と言った所ではないでしょうか?偶発的な出来事ですからね。こればかりは仕方がなく両者恨みっこなしのプレーと言えるのではないでしょうか?

ロメロ(オリックスバファローズ) プロフィール

生年月日1988年10月17日
アメリカ合衆国出身
年俸9600万円
オリックスバファローズ所属

待ちに待った長距離砲!!

オリックスが自ら発掘してきた外国人野手で久々の優良外国人選手です。ロメロ選手の持ち味は何と言っても豪快なスイングで振りぬくホームランです。本拠地京セラドームは広い球場ですが、お構いなしのパワーで軽々スタンドインをさせています。その他のパリーグの球場も広いですが、ロメロ選手のパワーがあれば問題なくスタンドインします。きっちりミートしてしまえば後はピンポン玉のように飛んでいきます。オリックスバファローズにしてみたら、喉から手が出る程欲しかった外国人選手です。期待に応えています。

長距離砲の獲得

今までのオリックスバファローズが獲得した外国人選手が散々でしたからね。それに比べたらかなり良い選手を獲得する事ができました。オリックスバファローズのウィークポイントである、長距離砲の獲得に成功しました。オリックスバファローズの最大の補強ポイントをしっかり補強しましたが、チームは今年もBクラス確定です。投打のバランスが中々がっちり噛み合いませんね。ここが嚙み合って来るようだと、チームの成績も上がってくるのでしょうが、こればかりは試合の流れがあるのでしかたがありませんね。

大台の30本

そうは言っても、オリックスバファローズは、長距離砲のロメロ選手の獲得に成功したのは非常に大きいです。今までチームで長打が期待できるバッターはT-岡田選手くらいでしたから、核となるバッターが増えたのは間違いなく来季に繋がっていきます。先ずは今季、大台の30本をクリアして欲しいですね。故障離脱の5週間がありますから28本あたりでも合格点ですね。フルで働いていれば30本はすんなりクリアしていたと思います。そこだけが非常に30本に届かなかった時に惜しまれてしまうのは。

既に来季は契約済み!!

既に、来季(2018年)から3年契約を結んでいます。シーズン中にオリックスバファローズが来季の契約を結ぶことは非常に珍しい事です。しかも3年契約。ロメロ選手の長打力に魅力をオリックスバファローズのフロントは感じたのだと思います。ロメロ選手くらい、1年目から打つ事が出来る外国人野手であれば、オリックスが自由契約にすれば、他の球団に取られてしまう可能性が高いです。その為、条件面も更に良くして、3年契約をシーズン中に結んだものと考えられます。他の球団に取られたら洒落がきついですからね。

特に同じリーグであるパリーグには取られたくはありません。今季(2017年)貧打に泣いた千葉ロッテマリーンズ辺りは間違いなくリストアップしていたでしょうからね。そういった事も考えてロメロ選手の長打力は相手に取って非常に脅威であり、相手に回すと同じく脅威になるのでそれであれば、早く、契約を結んでしまおうというのがオリックスバファローズのフロントの見解だと思います。賢い選択だと思います。3年契約に関してはどうかな?と思いますが、ロメロ選手側の希望があったのは間違いないと思います。

アベレージも残せる!!

ロメロ選手は長距離砲にありがちな、大振りして三振が多く打率が残せないタイプのバッターではありません。しっかり、率ものこしています。こういった典型的な長距離砲の場合の打率は280もあれば上出来です。後は得点圏打率が高ければ問題がありません。長距離砲のイメージは豪快さと粗さを合せ持っている事が多いです。紙一重とも言えますが、コンパクトなスイングでしっかりと打率を残す事に成功しています。スイングは豪快ですが豪快さの中に繊細さも持ち合わせています。

オリックスバファローズのフロントの決断が正しかったかどうかを証明するのは来季(2018年)以降になります。今年のスイングを見ている限り問題は特にない様に感じます。今後が楽しみですね。

ロメロは1メートル88、100キロで右投げ右打ち。2014年にマ軍でメジャーデビューし、今季は9試合に出場し、打率・235、0本塁打、3打点。岩隈や青木(アストロズ)の同僚だった。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA