比嘉幹貴(オリックスバファローズ)頼れるサイドスロー!!抜群のコントロール!!完熟された投手!!

比嘉幹貴投手は、2014年に34試合連続無失点記録のタイ記録をマークすると共に、この年は絶好調で、7勝1敗・20ホールド・防御率0.79と抜群の安定感を示したまさに貫録勝ちと言った所。サイドスローから繰り出される、最速146キロのストレートに、スライダー・カーブ・シンカーを投げ分ける。特にサイドスローから繰り出されるストレートは威力十分。そして、スライダーは抜群の切れを誇る。三振は程良く奪う。三振をたくさん取るタイプの投手ではない。打たせて取る投手。スライダーに泳がさられるバッターが多い。シンカーもウイニングショットして有効です。

比嘉幹貴(オリックスバファローズ) プロフィール

生年月日1982年12月7日
沖縄県出身
沖縄県立コザ高等学校→国際武道大学→日立製作所
甲子園出場歴なし
2009年ドラフト2位
年俸1500万円
オリックスバファローズ所属

頼れるサイドスロー!!

オリックスバファローズが誇る自慢のサイドスロー右腕の一人。ストレートも威力十分ですが、スライダーの切れ味は抜群のものがあります。かなり、際どい球で打ち取るのが上手い投手です。サイドスローはオーバーハンドに比べると球威が落ちますが、それでも最速146キロはサイドスローの投手にしてはかなり速いです。スピード表示以上に球が速く感じる投手です。スライダー・カーブ・シンカーを有効的に織り交ぜて、緩急を自在に操ります。右バッターには特にスライダーが効果的なボールとなっています。

比嘉投手の術中

右バッターはスライダーを追いかけてしまうと、比嘉投手の術中にはまってしまいます。こうなると、比嘉投手は非常に楽になってきます。これが出来るので、右バッターには特に効果的なボールと言えます。比嘉投手は得意なパターンを持っています。左バッターにはスライダーを膝元に投げておけば問題ありません。左バッターの泣き所です。そしてスライダーを意識させておいて、シンカーをウイニングショットにして、外角の球を引っかけさせるのが上手い投手です。

牽制球が上手い

右左に関係なく抑える事が出来る投手です。また牽制球が非常に上手いです。比嘉投手の牽制球に引っかかったランナーは多いです。当時の監督、岡田彰布は牽制球なら12球団1と絶賛した程です。辛口の岡田氏が絶賛するのですから、相当センスは良いのは殊更説明するまでもありません。牽制球でアウトに取れるのは大きいです。塁に出してしまったなあと思っている時に巧みな牽制球でアウトにする事が出来るのは非常に大きいです。自作自演とも言えます。

抜群のコントロール!!

非常にコントロールが良い投手です。ここまでコントロールが良い投手はなかなかいません。サイドスローでコントロールが良いので打者としても厳しいです。こればかりは何とも言えませんね。攻略する側からすれば狙い球を絞る訳ですが、中々、コントロールが良いので厳しいコースに球がきます。ここで手を出してしまうと比嘉投手ペースです。追い込まれたらカットをするしかありません。カットしても、また厳しいコースに来ます。バッターとの根競べになりますね。

コーナーの4隅に

大抵はバッターが根負けします。比嘉投手はしつこいくらいにコーナーの4隅に投げ分けます。非常に冷静沈着な投手です。慌てる事がない投手です。自分の投球をしていればそう簡単に打たれないという自信が比嘉投手にはあります。自信がある投手はやはり攻略しにくいですね。自信に漲っていますから、バッターが圧倒されてしまいます。マインド捌きを見ていれば大体分かりますね。自信のない投手は、落ち着きがありません。一目瞭然です。

簡単に打てる投手ではない

本当にこれだけのコントロールが良いと非常に打ちにくいですね。どうしたら、打てるのか?と言った具合です。基本は狙い球を絞る事です。後は追い込まれたらカットで逃げて絶対に根負けしない事ですね。根負けしてしまうと、誘い球に手を出してしまいます。完全に比嘉投手のペースです。この投球が出来るので、プロで生きていけると言っても過言ではないでしょう。ベンチも安心して見ていられると思います。中々そう簡単に打てる投手ではありません。

完熟された投手!!

非常にフィールディングに定評のある投手です。バント処理など華麗な動きで素早くセカンドに送ります。送りバントを併殺にしてしまうフィールディング能力を持っています。攻撃側から見るとバントでダブルプレーに取られるのは最悪のシーンです。バントが上手い選手なら幾ら比嘉投手のフィールディングが良いと言ってもダブルプレーは取れません。バントを決められてしまいます。これは仕方がありません。

コントロールも良く牽制球も上手い。そして抜群のフィールディングセンスを誇っており、完熟された投手と言っても良いと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA