海田智行(オリックスバファローズ)左のセットアッパー!!高いリリーフ適正!!冴えわたるコンビネーション!!

海田智行投手はオリックスバファローズの貴重な左のセットアッパーです。特に左の強打者を抑えるのが仕事になってきます。俗に言う左キラーですね。左バッターを抑える事が大きな仕事でもあります。回跨ぎは殆どしない投手です。オリックスバファローズの中継ぎ抑え投手は速球派が多いです。海田投手は最速146キロです。左投手の145キロは150キロに感じると言いますから、海田投手の最速は146キロですから十分威力はあります。バッターも速く感じているでしょうね。オリックスバファローズのリリーフ陣は比較的安定しているので、先発投手陣がきっちり合わせてくれば上位可能です。

海田 智行 1987年9月2日
身長179センチ 体重85キロ 広島県三原市出身
広島県立賀茂高等学校→駒澤大学→日本生命→
オリックス・バファローズ (2011年 ドラフト4位)

海田智行(オリックスバファローズ) プロフィール

生年月日1987年9月2日
広島県出身
広島県立賀茂高等学校→駒澤大学→日本生命
甲子園出場歴なし。
2011年ドラフト4位
年俸3650万円
オリックスバファローズ所属

左のセットアッパー!!

オリックスバファローズの中継ぎ抑え投手はタレント揃いですが右投手が多いです。海田投手は貴重な左投手です。右投手だけでも十分力のある投手が後ろに控えているオリックスバファローズでは十分乗り切る事も出来ますが、そこに海田投手が加わる事によって左バッター対策をしっかりと行う事が出来ます。右対左よりも、左対左の方が圧倒的有利です。左キラーぶりをしっかり発揮しています。やはり左バッター封じには左投手が最適です。パリーグは左の強打者が多いです。その分海田投手の役割は大きいです。

右バッターに手強い

左対左以外にも1イニング任される事が多い投手です。右バッターにもかなり手強い相手が海田投手です。最速146キロのストレートンカーブ、スライダー、カットボールを得意としています。どの球でもカウントを取る事が出来ます。三振を多く奪う投手ではありません。フォアボールは多くもなく、少なくもなく平均的な投手ですがどちらかと言うと少ない方に入りますね。コントロールは比較的安定している投手です。

高いリリーフ適正!!

先発とリリーフ登板で防御率が大きく違います。先発だと防御率が高いですが、リリーフ登板になると防御率が一気に下がります。これが同じ投手の成績か?そう思ってしまうくらいリリーフでの安定感は光ります。先発適正とリリーフ適正はありますね。やはり1番の違いは先発の場合はトータルで7回位まで投げる事を想定しますから、ここでどれくらいの球数で投げていくかをしっかり、計算しなければいけません。その点リリーフの基本は1イニングですから、先発と違ってガンガン飛ばす事が出来ます。ここが大きな違いです。

スタミナ配分をしっかり

全力投球で投げられるリリーフ登板とスタミナ配分をしっかり考えてなげなければいけない、先発投手では大きく違ってきます。海田投手は明らかにリリーフ向きの投手です。先発はどうも性に合わないようです。プロ野球の世界で生き残る為にはしっかりと自分の適材適所を見つけなければいけません。これが非常に重要な事です。最終的にどこできようするかは首脳陣の判断一つです。適正にあってない所で、投げている投手もいます。出来ればしっかりと、自分の適性にあったポジションで投げられるようにアピールが必要です。

貴重な左のセットアッパー

先発とリリーフでは大きく防御率が、違います。その為、首脳陣も流石にリリーフ適正が高いと判断。これだけ数字がはっきりしていると先発では使いにくいですね。あくまでも現状の話です。海田投手が先発に拘りがあるなら、キャンプ・オープン戦で、好成績を残せば先発に再転向する事もできます。しかし、現状のチーム事情からすると海田投手は貴重な左のセットアッパーです。当面は貴重な左のセットアッパーとして起用されると思います。本人も大分感覚は掴んで来たと思います。今は敢えて配置転換する時期ではありません。

冴えわたるコンビネーション!!

海田投手は最速146キロのストレートにスライダー・カーブ・カットボールのコンボネーションで相手バッターを翻弄させます。非常に小気味の良い投球を披露してくれます。縦の変化があれば成績はもっと上がると思いますが、たくさんの変化球を投げるよりは現状の変化球だけでも十分やっていける自信を持っています。敢えて投球内容を変える必要はありません。非常に安定した投球内容ですから、ここで投球スタイルを代える必要はありません。十分今のコンボネーションで相手打線を抑える事が出来ています。

海田投手の変化球はそれ程多彩ではありませんが、コンビネーションが冴えわたっています。こうなるとパリーグの強打者も海田投手を簡単に攻略する事は非常に難しくなってきます。オリックスバファローズには欠かせない左のセットアッパーです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA