駿太(オリックス)広大な守備範囲に超強肩!!トップスピードに乗ると速い!!打撃を磨けばレギュラーに加わる!!

駿太選手は途中出場する事が多い。非常に外野の守備に関しては定評が高く。外野の守備力だけなら3指の中に入ると言われる程の守備力を誇る。上手い外野手でも捕球が難しいと思われる打球をしっかりと捌いてしまう。バッターからしたら、完全にヒットを1本損した形になる。特に守備固めで途中出場する事が多い。数々のオリックスバファローズの絶体絶命のピンチを守備で救ってきた、元祖守備職人。これで打撃がもう少しよくなれば間違いなくスタメンで使われる選手。スタメンで使うには打率が低すぎる。

<!–

2140965580568711201_7

–>

駿太(オリックス)プロフィール

本名後藤駿太
生年月日1993年3月5日
群馬県出身
群馬県立前橋商業高等学校
甲子園出場歴あり
2010年ドラフト1位
年俸2500万円
オリックスバファローズ所属

駿太(オリックス)広大な守備範囲に超強肩!!

守備力に関してはずば抜けたものがある。日本プロ野球界で3指に入る。超人的な守備範囲を誇る。とにかく打球への反応が非常に速い。あっと言う間に落下地点に回り込んでしまう。守備のセンスは非常に高い。しかもスタメン出場は少なく、途中出場でこれだけの存在感を示す選手は少ない。そして、センターから矢のようなダイレクト返球をする。ワンヒットではセカンドからホームに突入するのは非常に難しい強肩を誇っている。

<!–

2140965580568711201_8

–>

超強肩の餌食に

強肩の前に超がつく。これまで定位置でタッチアップを狙い、駿太選手の超強肩の餌食になった選手も少なくない。タッチアップは紙一重。送球が少しそれればセーフになる確率は相当高い。今季(2017年)の年俸は2500万円だが、このうちの9割は守備に対する貢献度の高さから、年俸が維持されていると言っても良い。今年の打撃成績だと1000万円アップ以上。、駿太選手の場合は超強力な守備力があるのでもう少し上がる可能性もある。

確固たるレギュラーへ

それだけ外野守備に関しては他球団の脅威になっていると言う事。今季(2017)はスタメンが多いが来季(2018年)は更に、打撃を向上させ、確固たるレギュラーとして、スタメンで出る位の気持ちで取り組んで欲しい。野球はスタメンで出場した方が、絶対楽しい。守備力が非常に高い為、首脳陣も重宝している。これがスタメンで出場すると相手チームは初回から駿太選手を脅威に感じるので、非常にスタメンで使うと面白い。しかし、現状ではまだそこまで力がついていない。

強肩の持ち主

これだけ広大な守備範囲を持っている選手は数少ない。そして遠投120Mの超強肩に加え、スローイングが非常に正確なのも持ち味の一つ。素早く捕球しバックホームされた送球はストライク返球である事が高い。あの強肩でストライク返球されてしまうと走者は堪ったものではない悠々アウトになってしまう。それだけの強肩の持ち主。そしてスローイングが正確と言うのが最大の武器と言っても良いだろう。ストライク返球が出来る野手は本当に数少ない。

トップスピードに乗ると速い!!

足は遅くないが短い距離は苦手で、長い距離が得意。これは野球に関しての走り、例えば、バッターで外野を割る打球を放った時は1塁ベースまでが、4秒1と平凡だが、3塁到達スピードは11.26秒と走っているうちに加速をする選手である。走り出したらかなり速い選手。トップスピードに乗ったら手が付けられない。とにかく、1塁ランナーでも外野を割る打球だと一気にホームに生還する走力をもっている

<!–

2140965580568711201_9

–>

韋駄天駿太

セカンドまでは普通だがセカンドベースを蹴ってからがこのケースは速いあっという間に3塁に到達し、3塁ベースも蹴って、ホームへ帰ってくる。これぞ正しくスピードに乗ったら止められない、韋駄天駿太の持ち味の一つ。ベースを回る毎にスピードが加速する。正にツインターボ。1塁到達まで速い選手は多いが1塁到達は普通でその後の加速力に優れている選手は稀である。今年で7年目になるが盗塁は通算23個と少ない。

打撃を磨けばレギュラーに加わる!!

今季(2017年)は比較的スタメンでも使われており、前半戦を終わった段階での打率は、265と昨季(2016年)の192よりは大分改善されている。既に昨年のトータル打席239打席に並んでいる。今シーズンはこのままいけば初の規定打席クリアも視界に入って来る。駿太選手の守備力を考えると265でも十分もとは取れている。しかし、そこから更に上のステージにランクアップしなければいけない。

<!–

2140965580568711201_10

–>

飛躍の年へ

キャンプでは徹底的振り込まなければいけない。秋季キャンプでしっかり鍛え、自主トレでもしっかりとバットを振り、春季キャンプでは更に振り込んで徹底的に打撃向上をはかりたい。この守備力で3割打てば、1億円の価値がある。それくらい貰って良い選手になるにはとにかくバッティングをしっかりレベルアップさせる事。この秋のキャンプから徹底的に振り込みを強化して、レベルアップをしなければいけない。ここでレベルアップすれば来季(2018年)は飛躍の年となる。

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA