辛島航(楽天ゴールデンイーグルス)キャリアハイ更新!!目標は杉内俊哉!!コンビネーション!!

辛島航投手は、今シーズン8月20日現在、8勝6敗です。自身最多タイの8勝にすでに並んでいます。このままいけば2桁勝利を挙げる大チャンスです。ここまで悪戦苦闘しながらも自分の投球スタイルは崩さないで来ました。過去に8勝を挙げたシーズンは2度あります。8勝が辛島投手に取っては大きな壁になっています。今季(2017年)はまだまだ残り試合も多いので、9勝と言わずに二桁をしっかり勝って欲しいですね。

それが出来る投手です。出来ない投手に注文は出しません。今季(2017年)の様なシーズンで二桁勝てないと苦しいですね。今季は千載一遇のチャンスです。巡ってきたチャンスを1回で仕留めるのが理想的です。そうすれば、二桁勝利は今季だけではなく来季(2018年)以降も期待できる投手に成長出来ます。

楽天辛島で6連勝&3位浮上 – プロ野球ニュース : nikkansports.

辛島航(楽天ゴールデンイーグルス) プロフィール

生年月日1990年10月18日
福岡県出身
飯塚高等学校卒
甲子園出場歴あり
2008年ドラフト6位
年俸3000万円
東北楽天ゴールデンイーグルス所属

河北新報/楽天イーグルス特集/辛島堂々、プロ初先発初勝利 楽天 …

マー18 – 楽天ブログ(Blog) – 楽天ブログ(

キャリアハイ更新!!

辛島投手のこれまでのキャリアハイは8勝。今季(2017年)は、8月20日現在8勝6敗防御率4.13と防御率が少し悪いですが、打線の援護に恵まれています。既にキャリアハイの8勝に並んでいます。残り試合から先発登板の機会があと5回はあると思います。5回の登板機会で2勝すれば二桁達成です。1勝でもキャリアハイは更新ですが、2桁勝利を目指して欲しいですね。2桁勝利は、辛島投手がかねてから目標に挙げていた数字です。今季ついに手が届くところまできました。ここまで来たら達成したいですね。

左のエース候補

極端な話、今季、二桁達成出来なかったらいつ達成できるのか?と言うレベルの話です。それだけ、辛島投手の二桁勝利は、絶対に今季達成しなければいけない投手です。今季は9勝止まりで来季12勝する可能性もありますが、二桁勝てる時にしっかり勝てる投手が、エースになっていくのです。東北楽天ゴールデンイーグルスは則本投手と岸投手のダブルエースがいますから、左のエース候補ですね。その為には先ずは今季(2017年)しっかりと二桁勝利を挙げなければいけません。しっかりお膳立ては出来ています。後は勝つのみです。

目標は杉内俊哉!!

辛島投手の目標とする投手は、読売ジャイアンツの杉内俊哉投手です。目標高く設定しておいた方が良いです。それにしても、杉内俊哉投手とはかなりハードルを上げていますね。これは自分にプレッシャーをかける意味合いもあると思います。目標が物凄く高いので、杉内投手に近づくにはまだまだ実績不足です。先ずは勝ち星を大幅に先行させなければいけません。シーズン途中を余裕で10勝はクリアしないといけません。先ずはここからですね。杉内投手を目標にするのであれば10勝なら負けは3敗くらいにしないとダメです。

かなりレベルが高い

杉内投手を目標にするのなら、15勝5敗くらいを目指さないといけませんね。それだけ、杉内投手は実績が十分な投手と言う事です。かなりハイレベル左腕です。今は故障の影響で調整中です。辛島投手が目指す杉内投手とは、福岡ソフトバンクホークス時代の輝かしい実績の時代の頃の事だと思います。読売ジャイアンツに移籍してからもノーヒットノーランなど輝かしい実績を上げています。目標にするには良い左腕投手ですが、かなりレベルが高い投手なので余り焦らない事ですね。杉内投手も初めは苦戦しています。

中堅になるまで

そうは言っても辛島投手ももう26歳です。若手から、中堅になるまでの間にしっかりと能力を磨いておかないといけませんね。後は能力覚醒待ちですね。ここでしっかり能力が覚醒すれば、杉内投手に少し近づく事が出来るでしょう。中々、杉内投手を上回る成績を残す事は難しいと思います。福岡ソフトバンクホークス時代は和田投手とともに左のダブルエースでしたからね。あの活躍をマネしろと言われてもマネが出来る投手はいないのではないでしょうか?辛島投手は少しでも杉内投手に近づく事です。

5種コンビネーション!!

最速145キロのストレートを武器に、カーブ、スライダー、チェンジアップにツーシームを投げ分けます。平均球速は140キロ以下なので速球で抑えこむタイプではありません。ストレート変化球を効果的に使い分け、如何に球速表示以上にストレートを速く感じさせるかです。技巧派の投手なので、相手が誘い球に乗って来ると投球がかなり楽になってきます。逆に誘いに乗ってこないと組み立てが大変になってきます。160キロのど真ん中に投げても空振り三振を取れる球があれば別です。

そんな球を辛島投手投げる事が出来ません。そんな球を投げられる投手は現在の日本球界でも数少ないです。160キロの剛速球でもど真ん中なら平気で打ち返すのが1流バッターです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA