大松尚逸(ヤクルトスワローズ)満塁男!!エースキラー!!戦力外からヤクルトへ!!

大松選手は長打力が魅力の左バッターです。昨季(2016年)ファームの試合で右アキレス腱を断裂。全治6か月の大怪我を負ってしまった。昨季(2016年)は絶望となり、そしてシーズン終了後球団から非情にも戦力外通告を受けた。情けのかけらもなかった。プロ野球の世界は結果を残さない選手には容赦がない。これまで右の好投手から決勝打をたくさん売っており、満塁では非常に勝負強い打撃を発揮するなどチームの勝利に大きく貢献した。しかし、千葉ロッテマリーンズは戦力外を通告した。ヤクルトに入団テストを受けて入団今季は新天地で迎える事になった。やはり魅力は一発長打。首脳陣も大きな期待を寄せた。

本名:大松尚逸

出身地 石川県金沢市
生年月日 1982年6月16日(34歳)
身長・体重 184 cm 93 kg
血液型 B型
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手、左翼手
プロ入り2004年 ドラフト5巡目
初出場2005年7月12日

金沢高等学校→東海大学→千葉ロッテマリーンズ (2005 – 2016)→東京ヤクルトスワローズ (2017 – )

大松尚逸(ヤクルトスワローズ)プロフィール

生年月日1982年6月16日
石川県出身
金沢高等学校→東海大学卒
甲子園出場歴なし
2004年ドラフト5巡目
年俸800万円
東京ヤクルトスワローズ所属

大松は満塁男!!

非常に満塁に強く≪満塁男≫の異名をとった。プロ入り初ホームランが満塁ホームラン。シーズンに3本の満塁ホームランを放つなどとにかく満塁には滅法強く、満塁で迎えた通算打率が一時571まで跳ね上がった。満塁でこれだけの打率を残されると対戦するバッテリーは大松投手を抑えるのに全力で向かわなければ簡単に打たれてしまう。1試合分の全力をこの大松選手との打席で使う事になる。そうでもしなければとてもではないが抑えられるバッターではない。かなり神経を使うが仕方がない論より証拠で満塁ホームランを打ちまくっている。

モードが切り替わる!?

ここまで満塁に強いバッターも珍しい。満塁になるとモードが一気に切り替わってしまうバッター。大松選手とは絶対に満塁で勝負したくない相手。まともに勝負したら先ず打たれる。上手く裏をかいて厳しいところを攻めていかないと打たれる確率が高くなる。満塁ホームランを浴びるか?厳しいところを攻めてデットボールを当ててしまい、押し出しで1点を失うのが良いか?当然このケースは後者の方がいいが、あくまでも攻めにいって偶然デットボールを当ててしまったという事。故意にデットボールを当てるとい意味ではない。偶然当たってしまったという事。

世界遺産

≪世界遺産≫とまで呼ばれた事がある。それだけ満塁での成績は群を抜いてずば抜けたものがある。満塁で大松選手と対戦するのは非常に厄介である。対戦しなくて良いなら対戦したくないバッター。これだけの打率を満塁で残されてしまうと、バッテリーはかなり神経を使う。神経を使わなくていいのであればそれに越した事はないがそうはいかない。満塁で回ってきたら対戦しなければいけない。大松選手は満塁でパリーグの投手を奮い上がらせた。

エースキラー!!でもある

千葉ロッテマリーンズ時代はエースキラーとして名をはせた。東北楽天ゴールデンイーグルスのエースだった田中将大投手(ヤンキース)や涌井秀章投手(当時埼玉西武ライオンズ)などを得意としていた。エースをことごとく粉砕していった。その代わり、エースより格下の投手にはなぜかあまり強くなかった。この辺りが野球の面白いところ。本当に、エースには貫録勝ちしていたが、エース以外は成績が下がる珍しいバッター。

面白い様に打つ

本当にエースの時は面白い様に打つ。しかし、エース以外は相性の良い投手以外はあまり成績が良くない。エース打ちだけでプロの世界で戦っていた時期もあったと言ってもいいくらい、エース相手には抜群の勝負センスを見せつけた。エースを打つと言うのはバッターの仕事の中で一番重要とも言える。後は守護神攻略がバッターの中では最高の仕事と言える。エースキラーでも十分嫌らしいバッターなのは間違いない。エースキラーのバッターはそんなに多くはいない。

ロッテ戦力外からヤクルトへ!!

千葉ロッテマリーンズを戦力外になり、行き場を失いかけていた時に東京ヤクルトスワローズの入団テストを受けた。バッティングに関して問題なく合格だったが、アキレス腱の回復具合だけが東京ヤクルトスワローズとしてみたら、危惧する要因だったが大松選手本人と面談を重ね、アキレス腱の状態は全く問題ないと判断し、契約を結んだ。年俸は1軍選手の中では格安の800万円だった。それでも大松選手は再び野球が出来る喜びの方が断然上だった.取ってもらわなければ引退するしかなかった。

次はサヨナラ男へ

徳俵1枚の所から逆襲した。東京ヤクルトスワローズに加入してからは2本のサヨナラホームランを放っている。今シーズン、8月11日現在3本のホームランを放っているがその内2本がサヨナラホームランとここぞという場面での勝負強さを発揮している。エースキラー、満塁男の次は【サヨナラ男】と非常に絵になる選手。打率は低いが勝負強いバッティングでチームの勝利に貢献している。チームは最下位に沈むが、大松選手はベンチから常に大きな声を出している。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA