石川雄洋(横浜ベイスターズ)俊足!!守備はマルチ!!チーム生え抜き!!

石川雄洋選手は気が付けばチーム生え抜きの選手では最年長の選手になった。足が速く、30盗塁以上を決めた年もある。また守備では内外野で複数のポジションを守る事が出来る。これは非常にアドバンテージが大きい。複数のポジションを守れるという事はそれだけスタメンのチャンスが増えるという事。1つのポジションなら、チャンスは1つしかないが、複数のポジションを守れる事によってスタメン起用のチャンスは大きく広がっている。現在横浜ベイスターズは若手の選手が活躍しており、以前ほど、石川選手にスタメンのチャンスはめぐってこなくなったがセカンドの守備力は高く評価されており、ラミレス監督好みの選手である。東京ヤクルトスワローズから移籍してきた田中選手と主にスタメンを争っている。

52 石川雄洋

石川雄洋(横浜ベイスターズ) プロフィール

生年月日1986年7月10日
静岡県出身
横浜高等学校卒
甲子園出場歴あり。
2004年ドラフト6巡目
年俸6300万円
横浜ベイスターズ所属

A moment to shine ~輝く瞬間~ : 怒涛の札幌観戦記・5月21日~乙女 …

横浜ベイスターズの俊足!!

石川選手の武器の一つでもある俊足。足が速いのは非常に大きなアドバンテージになっています。特に左バッターの石川選手は右バッターよりも内野安打が出やすい。ギリギリの所でプレーをしているので、少しで相手守備がもたつくと内野安打になる可能性が高い選手。2010年には盗塁36個を決めている。通算で100盗塁を決めている。現在も記録更新中。1年間で驚異の106個の盗塁を決めた福本豊さんのようなとんでもない選手もいる。国民栄誉賞を≪気軽に飲みにいけなくなる≫との理由で固辞している。

セカンドのレギュラー

1年間で100個以上の盗塁を決めたのは福本豊さんだけ。本当に未知の領域と言える、石川選手もまだ31歳なので一念発起して盗塁王争いに加わるくらいの気概が欲しい。まだまだ十分一線級でやっていけるだけの能力は持っている。まだ31歳。老け込むのは早すぎる。今は脂が本来なら1番乗ってなければいけないシーズン。本気でレギュラー取りを鬼気迫る気持ちで取りに行けば絶対にセカンドのレギュラーは取れる。後は本人の努力次第。まだまだレギュラーでやってくれないと困る選手。

俊足を生かして

首脳陣の期待も高い。石川選手が出塁すれば、走らなくても相手バッテリー揺さぶりをかける事が出来る。これが非常に大きい。偽盗するだけで、相手バッテリーにかけるプレッシャーは相当なものになってくる。それが出来る選手。チームの勝利に大きく貢献できる選手チャンスメイクするのが石川選手の仕事。後は筒香選手やロペス選手に任せておけば良い、しっかり長打などでしっかりとランナーを返してくれるだけの力は持っている。石川選手はとにかく俊足を生かしてホームまで帰ってくるのが仕事になる。

石川雄洋

守備はマルチ!!

本職はセカンドですが、ショートや外野も守る事が出来ます。その為、出場するチャンスは非常に大きいと言って良いでしょう。セカンドで使われなくても他のポジションで使われる可能性があります。セカンドの守備力は安定感抜群です。その分他のポジションではやや劣ります。特に内野手と全く動きが違う外野を守る時は少しばかり勝手が違ってきます。この辺りは練習するしかないですね。ただ、石川選手は強肩の持ち主なので、外野手の適正もある程度はあります。セカンドと外野ならやはりセカンドの方が良いですね。

ユーティリティープレイヤー

適材適所と言う言葉があるように石川選手の適所はセカンドです。ユーティリティープレイヤーですが、余り滅茶苦茶な使い方はしない方がいですね。セカンドで使うのがベストなのは間違いありません。その次はショートです。適性が高いのは。ショートとセカンドは動きが逆になりますから、気を抜くと上手くハンドリング出来ずにお手玉やファンブルなどをしてしまう事もあります。ショートはセカンドが出来るなら簡単ではないかと思う人がいますが、まったく持って簡単ではなく難しいです。

とことん守備練習

石川選手は守備力が高いので、ショートも守る事が出来ますが、守備力に難がある選手だと守る事は出来ません。石川選手だから無難にこなしていますが結構大変です。普通に考えてセカンドと逆の動きをするわけですから簡単ではありません。プロ野球で複数のポジションをこなす、マルチプレイヤーはとことん守備練習を行っています。

52 石川雄洋

石川がチーム生え抜き!!

石川選手は横浜ベイスターズの生え抜きの選手で、最年長になりました。石川選手より年齢が上の選手もいますが、他のチームから移籍してきた選手たちです。横浜ベイスターズ一筋の選手の中では、最年長になりました。三浦大輔投手が現役を引退してからは、石川選手が生え抜きの選手で最年長になりました。最年長になって何か変わる事はまだ31歳ですから特にありませんが、1試合でも多くレギュラーで試合に出場したい所ですね。レギュラーで試合に出るのが1番の良薬です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA