三輪正義(ヤクルトスワローズ)俊足!!何でも屋!!プロ入り後ホームラン0!!

三輪正義選手は主に代走要員として起用される事が多い。走塁技術は卓越したものを持っている。また投手以外はどこでも守れる何でも屋。言い換えれば、ユーティリティープレイヤー。2軍戦では捕手として試合に出場した事もある。非常に守備力は高い。基本的には外野手。俊足を飛ばして打球を追う。守備範囲は広い。肩の強さは普通。弱くもなければ強くもない。またプロ入りしてからホームランを1本も放った事がない。完全にミートに徹した打法であり、余り打席に立つ機会も多くない。走塁技術に関しては先述の通り素晴らしいセンスを持っている。

三輪正義(ヤクルトスワローズ)プロフィール

生年月日1984年1月23日
山口県出身
山口県立下関中央工業高等学校→山口産業→香川オリーブガイナーズ
甲子園出場歴なし
2007年大学生・社会人ドラフト6巡目
年俸1830万円
東京ヤクルトスワローズ所属

俊足の持ち主!!

50M、5.7の俊足の持ち主。1軍では主に代走で起用される事が多い。2軍では盗塁王に輝いている。東京ヤクルトスワローズのチーム構成では欠かせないパーツとなっている。非常に地味な選手だが、盗塁の機会を虎視眈々と狙っている。盗塁は決まれば非常に鮮やかになる。1塁から2塁へランナーが進む事は一気に展開までもが変わって来る。それだけ、盗塁と言うのは展開をも左右してくる盗塁が失敗に終わると流れを失う恐れがあり幾ら、俊足と言えどもそう簡単に走る事は出来ない。ここが野球の奥の深い所である。

多きな意味を持つ盗塁

盗塁が決まれば一気にチャンスが拡大する。その役割を期待されているのが三輪選手である。1塁にいたランナーが2塁に盗塁すると将棋で例えるなら歩が金に代わる位、多きな意味を持つ。大体、三輪選手が起用されるのは試合終盤である。外野手も三輪選手が盗塁を決めると、チャージしてくる。定位置に守っていたのでは、とても三輪選手の走力ならワンヒットでホームに帰られてしまう。そうなるとシーンにもよるが決定的な1点を失う事になってしまう。

ホームゲームでのギャンブルプレー

9回以降でヤクルトのホームゲームで、同点でこのシーンを迎える三輪選手はサヨナラのランナーになる。これは非常に大きい。しっかりと三輪選手は自分の仕事をした事になる。外野が前進守備をしてくると言う事は、芯に当たれば頭を超される確率が極めて高くなるが、ワンヒットでどうしても返したくないので、やむ得ない作戦である守備側もギャンブルプレーを仕掛ける。後はどっちが勝るかだけ。ヒットで少しそれるとホームに突入する。かなりの確率でセーフになるが正面の打球では3塁ストップとなる。

何処でも守れる何でも屋!!

投手以外のポジションは何処でも守れる何でも屋。普通に言うのならユーティリティープレイヤー。登録は外野手登録。代走要員で起用される他に、守備固めで起用される事もある。この場合東京ヤクルトスワローズが追いつかれてしまうと、大事な局面で、代走要員で1番のスペシャリストの三輪選手は他の打順に入っている為、とっておきの代走要員がいなくなってしまうので、しっかり逃げ切りたい。逃げ切ってしまえばその様な心配はしなくて済む。逃げ切る為の守備固めだが投手が1人相撲すると意味がなくなる。

外野が専門

外野が本来の専門職だが、投手以外ではどこでもOK。いざという時はマスクを被る事も出来る。実際に2軍戦では捕手として試合に出場した経験がある。プロ野球の世界で生き残っていく為にはアピールポイントが欲しい。三輪選手の場合は俊足と言う1番のセールスポインとがあるのでこのアピールはかなり有効。それにプラスして投手以外の主部位置はどこでも守れる、ユーティリティープレイヤーと言うのも大きなアドバンテージとなる。これは非常に大きい誰もが出来るわざではない。

プロ入り後ホームラン0!!

2008年から東京ヤクルトスワローズの一員としてプレーしているが、未だにホームランを放った事がない。これには起用法も大きく絡んでいる。先発出場する事もあるが、基本的には代走要員若しくは守備固めの要因としてベンチで醜状機会を虎視眈々と狙っている。プロ野球選手は試合にでてこそである。控えに回ると言う事は非常に辛い事である。これはプロ野球の世界に限った事ではない。高校野球でも試合に出ないとやはり楽しさは半減してしまう。仲間と一緒に競い合った事は良い思い出にはなる。

しかし、プロの世界は思い出作りの場ではない。しっかりと試合に出て、自分の力を存分に発揮しレギュラー定着を目指したい。スタメンで出場出来る野手は8人しかいない。その中に如何に入る事が出来るか非常に重要になってくる。ここをしっかり乗り越える事ができるかが重要なポイント。三輪選手のように貴重な代走要員と言うのも非常にチームに取っては欠かせない存在なので三輪選手の存在も非常に大きい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA