バンデンハーク(ソフトバンクホークス)連勝記録!!優良外国人!!3年契約!!

バンデンハーク投手は、福岡ソフトバンクホークスの外国人右腕投手。非常に日本野球の適正が高い投手です。初登板から無傷の14連勝を年数を跨いで達成し、新記録を樹立しました。元読売ジャイアンツの堀内恒夫の13連勝の記録を50年振りに更新した。非常に真面目な外国人投手。ストレートは最速155キロ。フォーシーム・スライダー、ナックルカーブ・チェンジアップを投げ分ける。どの球もウイニングショットになる決め手がある。三振をイニング以上奪う事が出来る。またフライアウトが多く、俗に言うフライボール投手。

バンデンハーク(ソフトバンクホークス)プロフィール

生年月日1985年5月22日
オランダ出身
年俸4億円(2017年から3年契約)
福岡ソフトバンクホークス所属

連勝記録!!

バンデンハーク投手は2015年から福岡ソフトバンクホークスに加入しました。2軍では防御率1点台と抜群の安定感を誇りましたが、外国人枠の関係でなかなか1軍に上がれませんでした。しかし、腐る事無く、真面目に投げ続け、交流戦後半の6月14日に1軍初登板を広島東洋カープ戦で果たし、6回2失点で勝ち投手になり、その後はシーズン終了までローテーションを守り9勝0敗防御率2.52をマークしました。非常に安定した投球内容で、リーグ優勝に貢献。日本シリーズにも登板。東京ヤクルトスワローズ相手に8回無失点の好投で勝ち投手になり、日本一にも大きく貢献した。

新記録を樹立

翌年も連勝記録を伸ばしデビューから14連勝をマークし新記録を樹立しました。50年振りに新記録の更新となりました。それまでは、読売ジャイアンツの元エース堀内恒夫氏の13連勝でした。15連勝はならず初めて敗戦投手になりました。連勝記録はいつかは途切れるものですが、新記録を樹立出来たので、良かったと思います。中々、この記録を破るのは大変な事だと思います。デビューから14連勝はそう簡単には出来ません。この記録がぬりかえられたのが50年振りと言う事が全てを物語っています。

安定感は抜群

福岡ソフトバンクホークスの投手陣の中では、安定感は抜群です。典型的なフライボールピッチャーです。そして三振を多く奪う事が出来ます。イニング以上の三振を奪う事が出来ます。奪三振率が非常に高い投手です。ストレートが速く最速155キロのストレートを武器に変化球は、フォーシーム・スライダー、ナックルカーブ・チェンジアップを投げ分けます。非常にどの変化球も完成度の高い投手です。どの変化球も決め球に使えます。1番自信があるのはストレートです。

優良外国人!!

福岡ソフトバンクホークスが獲得した外国人投手の中でも非常に優良外国人選手です。今季は8月4日現在9勝5敗防御率3.18です。故障をしない限り2桁勝利確定です。後はどこまで勝ち星を伸ばしていけるかが最大の焦点となります。15勝近く勝ち星を挙げて欲しいですね。バンデンハーク投手なら十分出来ると思います。ここはしっかり、勝ち星を伸ばしておきたいですね。勝ち星は大いに越した事はありません。年俸も上がりますしね。勝てる時にしっかり勝っておくことが重要です。

運も実力の内

非常に勝ち運がある投手です。勝ち運がない投手からしてみたら羨ましい限りですが、運も実力の内です。元々ポテンシャルは相当高かったので、これ位は出来て当たり前です。なかなか好投しても勝ち星に恵まれない投手は少しレベルアップする事が非常に重要になってきます。運を味方につけるにはレベルアップも重要になってきます。その点、バンデンハーク投手は完成された投手なのでこれ以上レベルアップしたらとてつもない投手になります。現在のポテンシャルでも相手からしたら厄介な投手です。

ソフトバンクホークスと3年契約!!

バンデンハーク投手は、今季(2017年)から3年契約を結びました。年俸は4億円ですから総額12億円の大型契約になります。外国人投手で優良外国人投手を手放したくないので、これ位の契約は福岡ソフトバンクホークスでは珍しい事ではありません。福岡ソフトバンクホークスは良い選手には惜しみなく投資します。活躍すれば上がり幅が非常に大きい球団です。福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツは上がり幅が大きい球団です。

大型契約

バンデンハーク投手は他のチームには絶対に渡さないと言うのが、金額と複数年契約にあらわれています。4億円の3年契約。かなりの大型契約ですが、福岡ソフトバンクホークスでは珍しい契約ではありません。特に外国人選手の場合は至って普通の契約です。年俸の金額が後は変わってくるだけです。バンデンハーク投手もこのニンジン作戦で今季(2017年)はキャリアハイを更新するのは確実視されています。ここからどうでるかですね。このままいけば、13勝~15勝の間が最終到達ラインになってくると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA