ドリス(阪神タイガース)守護神!!藤川球児!!安定感を増す!!

ドリス投手は昨季(2016年)阪神タイガースに入団。昨季はまずますの成績を残し普通なら残留が既定路線となりますが、右肩にオフに故障を発症した為、入団テストと言う形で登板させたところ、最速153キロをマークした事から、阪神タイガースは問題なしと判断し再契約を結びました。ドリス投手は日本での最速は159キロです。非常にセットアッパー・クローザー向きの投手です。阪神タイガースでは今季(2017年)抑えの切り札として使用されています。余りフォアボールで自滅するタイプではないので、比較的安心して見ていられますね。

9回を締めたセーブ王のドリス

出典:naver.jp (2150798762828593201_9)

ドリス(阪神タイガース)プロフィール

生年月日1988年1月10日
ドミニカ共和国出身
年俸5000万円
阪神タイガース所属

阪神の守護神!!

昨シーズンはセットアッパーとして主に活躍していましたが、今シーズン(2017年)はクローザーとして最後のマウンドを任されています。阪神タイガースの9回を締る外国人投手です。非常に球が重く速いのでバッターは打ちにくいです。そんなにコントロールに問題がある投手でもないので、安心して見ていられます。たまに、フォアボールを連発する事がありますが大抵この場合、得点差が開いている時ですね。その他の緊迫した1点差を守りに入る試合では制球を乱す事はないですね。

持ち球が少い

今季(2017年)は阪神タイガースの守護神として君臨しています。持ち球が少なく最速159キロのストレートにツーシームとフォークボールしかありませんが、ストレートに伸びがあるのでバッターは差し込まれてしまいます。完全に軽打狙いでいかなければいけないパワーピッチングをしてくる投手です。パワーピッチングの場合。狙い球は絞りやすいですが、強振しない事ですね。コンパクトに振りぬかないと先ず凡打になる可能性が高くなります。

球威すごい

球種は少ないですが、ストレートが速いのでバッターはストレートに追い込まれるまでは基本的に山を張ります。狙い方としてはこれで良いのですが、ドリス投手の球威がその上をいきます。バッターは捕らえたと思ってもなかなか、バットにあたりません。セットポジションにさせる事がドリス投手攻略のカギにはなってきますが、ここも塁に出ない事には始まりませんからね。なかなか塁に出るのが大変です。外国人投手はセットポジションに不安を持つ投手が多いです。

ボーク

ランナー3塁だと、ボークすら許されません。しっかり静止して投球しないとボークを取られてしまいます。ドリス投手はしかし、なんだかんだ言っても阪神タイガース守護神としてきっちり仕事をしてきています。ツーシームは非常に打ちにくいです。140キロ台の変化球ですからね。それと同じく140キロ台の高速フォークがあります。140キロは変化球のスピードの領域を超えています。流石にこれだけ速いとドリス投手の良い時は手が付けられません。

ドリスと藤川球児!!

シカゴ・カブス時代、藤川球児投手とチームメイトだったドリス投手は藤川投手に色々、日本野球に関して質問をしています。その時に藤川投手が丁寧に日本野球の特徴などをドリス投手に話しています。その話を聞いたドリス投手は、日本にはこの様な人柄が素晴らしい投手がたくさんいると、いつかは日本でプレーしたおと思ったそうです。現在、藤川投手とドリス投手はチームメイトです。藤川投手が阪神の絶対的守護神だった事も当然ドリス投手は知っています。

絶対的守護神へ

今はドリス投手が阪神タイガースの守護神です。絶対的守護神まではまだ到達していません。今後の大きな課題となりそうです。この調子なら来季(2018年)も残留決定ですね。年俸も倍増の1億円辺りで折り合うのではないかと思います。倍増は大きいですね。後は故障しない事ですね。外国人選手はオフに気を抜く選手が多いです。オフですから気を抜いても勿論良いのですが、自分の商売道具である右肩はしっかりケアしなければいけません。

入団テスト

実際、今年は再契約の際に入団テストを受ける羽目になっていますからね。本来なら普通に契約を結びますが、入団テストを受けて来日2年目を迎える投手は非常に珍しいケースです。こういった事がないようにしなければいけません。2年連続で再契約に入団テストなんて事は先ずないと思います。今は肩の調子も良いですからね。

より安定感を増す!!

ドリス投手はクローザーとして十分合格点を挙げて良いと思います。注文をつけるのなら、安定感を増す事ですね。ここがクローザーとして非常に重要になってきます。フォアボールで自滅するタイプではないので、その点は安心して見ていられます。後は守護神ではなく絶対的守護神呼ばれるように、9回にドリス投手が登板してきたら、相手は降参状態にならなければいけませんね。なかなか簡単な事ではありません。実績がしっかりついてこないといけません。ここまでの実績でも十分ですが、安定感を増せば絶対的守護神になれます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA