濱口遥大(横浜ベイスターズ)大型新人!!オールスター選出も辞退!!将来性抜群!!

濱口投手はドラフト1位で入団した、期待の即戦力ルーキー。前半戦は、7勝5敗防御率3.27の好成績。2桁勝利も十分狙えるが、7月12日の広島東洋カープ戦で、左肩違和感を訴え3回で降板。翌日登録抹消され、オールスターゲームも出場辞退し、同僚の井納投手が補充選手として出場した。後半戦も活躍が大いに期待されただけに残念ではあるが、まだ入団1年目。プロでやっていける自信はつけたはず。今季後半戦の登板が仮になくても、来季(2018年)は自信を持って投げる事が出来るはず。自信を十分持って投げ込んでいけば良い。

<!–

2147695320022466201_1

–>

濱口遥大(横浜ベイスターズ)プロフィール

生年月日1995年3月16日
佐賀県出身
佐賀県立三養基高等学校→神奈川大学卒
甲子園出場歴なし。
2016年ドラフト1位
年俸1500万円
横浜ベイスターズ所属

大型新人!!

最速151キロのストレートにスライダー・フォーク・ナックルカーブにチェンジアップを投げ分ける。左投手の150キロは160キロくらいに感じると言われている。173センチとプロ野球選手としては小柄ながら、腕をしっかり振って投げるのでストレートは151キロと速い。非常にストレートには伸びがある。変化球とのコンビネーションも抜群で特に追い込んでからのチェンジアップが有効的な球になっている。今季がルーキイヤーだが、既にプロ野球の世界で何年も投げてきた風格さえ漂う大型新人。

三振を奪うのが多い

投球イニング77回で奪った三振は、86個。イニング数より多い三振を奪っている。非常に三振を奪うのが多い投手。その要因はやはり同じ腕の振りから投げる最速151キロのストレートと変化の大きいチェンジアップのコンビネーションが冴えわたっている。ここが1番の武器と言える。チェンジアップが変化球の中では1番自信のある球。落差が大きく、ストライクゾーンからボールゾーンに沈む。バッターは思わず振ってしまう。セリーグの新人投手では今季1番前半戦活躍した投手。

左肩の故障

それだけに左肩の故障は勿体ない。二桁勝利を挙げていれば新人王争いはかなり優位に運べていただけに痛恨の離脱だが、これからの選手生命の方が長い選手。ここで無理をする必要は全くない焦らない事が非常に重要になって来る。焦った所で故障が速く完治する事はない。じっくり故障を治す事が先ずは先決になってくる。故障を治さない事には何も始まらない。故障をしっかり治さなければ癖になる可能性も高くなる。しっかり故障を治す事。

復帰を目指す

故障を治して、来季(2018年)にかける思いは本人も強いはず。今季はいい経験になったと思う。前半戦のような投球が出来ればプロの世界でも十分通用する事が分かったと思う。しっかり、その経験を今後に生かせば良い。後半戦投げる事が出来ればそれに越した事はないが無理に投げる必要はない。故障は癖になるのが1番怖い。まして今回は左肩。利き腕なので治さない事には投げる事は出来ない。大型新人である事は十分証明した。あとは復帰を目指すだけ。

オールスター選出も辞退!!

前半戦の好成績からオールスターに監督推薦で選出された。本人も夢の球宴にかなり楽しみにしていたはず。しかし、オールスター目前の7月12日の広島東洋カープ戦で、左肩の違和感で3回で降板。翌日登録抹消となった。痛めた所が左肩だけにしっかり治さなければいけない。オールスター出場を今年は逃したが、来年【2018年】に出場すれば良い。1年遅れのオールスター出場も悪くない。出る事に価値がある選ばれし選手だけしか出場する事が出来ない。

今季の活躍を来年も継続して出来るかが、プロ野球選手として成功出来るかの大きなカギになって来る。継続して良い成績を残さないといけない。ここがプロ野球で長く活躍する為の最大のポイント。ここでしっかり出来れば、オールスターは何度も出場する事も出来るし、横浜ベイスターズの優勝争いに大きく貢献する事が出来る。チームの勝利が先ずは最優先される。その上でオールスターに出場出来れば何も言う事はない。

将来性抜群!!

1年目から、活躍し、故障により戦線離脱はしたものの故障離脱するまでの内容をみる限り、将来性はかなり高い。横浜ベイスターズの投手陣は非常に良い左腕投手が多い。その中で濱口投手も非常に1年目ながら存在感を示した。奪三振率が非常に高い投手なので、ピンチの場面で三振を取って切り抜けられるのは非常に大きな武器の一つ。狙って三振を奪えるのは、プロ野球の世界では非常に大きい。今季(2017年)の経験は非常に大きい必ず今後に生きて来る。

将来性抜群の投手。故障が1番の敵。持っているポテンシャルは相当高い。ストレートも磨けばまだ速くなる可能性をもっている。ストレートのスピードは、現状のままでも十分威力抜群のものがある。後はコントロールに磨きをかければかなり完成度の高い投手になる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA